さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

学校が休みになる警報とは!大雨洪水警報では休校にならない!?

投稿日:2018年3月19日 更新日:


台風の季節になると、

大雨警報や洪水警報が発表されることが多くなりますね。

 

仕事をしている方の多くは、

警報が出ようが出まいが関係なく出勤しなければなりませんが、

学生の場合は違います。

 

特に自転車や電車などで通学しなければならない高校生は

大雨の中、登校するだけでびしょびしょになったりするので、

学校が休みになるのかどうかとても気になりますよね。

 

私の通っていた高校は、

警報が発表されたからといって滅多に休みにならなかったので、

急に休みが決まったりした時はとても嬉しかったのを覚えています。

 

ということは、

警報が出たら必ず休校になるということではなさそうですよね。

 

一体どのような基準で学校は休みになるのでしょうか。

スポンサードリンク

公立と私立では休みになる基準が違う!?

 

実は公立高校か私立高校かということで、

その決定機関が異なります。

 

公立高校の場合は、

各自治体の教育委員会が休校の決定をします。

 

自治体によって基準が異なるので、

お住まいの地域が河川に近いなどの場合は

洪水警報でも休校になるかもしれません。

 

私立高校の場合は、

休校にするかどうかの判断は高校にゆだねられています。

 

各高校の規定などに載っている場合もありますので、

確認してみると良いかもしれません。

 

しかしながら、洪水警報というのは

河川の増水や氾濫などの恐れがある場合に発表されるものなので、

休校になるのはやはり河川に近い地域に限られるでしょう。

 

河川から遠く離れている地域であれば、

河川の氾濫による被害も出ないでしょうから、

休校にする必要はないということですね。

 

大雨警報では休みにならない学校もある!?

 

台風が来たときに発令される警報として、

洪水警報・大雨警報・暴風警報の3つが主に考えられます。

 

洪水警報は先述した通り、河川の増水や氾濫によって

重大な災害が発生する恐れがある場合に発表されます。

 

大雨の時はもちろん、

長雨や融雪などによっても洪水は起こり得ます。

 

したがって、氾濫する河川が近くにない場合は、

スポンサードリンク

洪水警報だけで休校になるということはほとんどありません。

 

大雨警報は、大雨によって浸水や土砂災害などの

重大な災害が発生する恐れがある場合に発表されます。

 

これは河川が近くにあるかどうかは関係ありません。

 

降水量が多いと浸水被害も出ますし、

山の近くなら土砂災害も起こる危険性があります。

 

洪水警報に比べると、大雨警報の方が発表される地域が広いので、

休みになりやすい感じがしますよね。

 

しかし、大雨警報も

必ず休みになるというわけではありません。

 

雨でもレインコートを着れば自転車はこげるので、

大雨警報だけでは休校にならないことも多いでしょう。

 

また、発表された時間帯も大きく関係してきます。

 

起床時には警報が出ていても、

登校前に解除された場合は通常授業になります。

 

午前中に解除されたら午後からは通常授業など、

休校かと思ったら実は授業があるということもあるので注意が必要です。

 

絶対に学校が休みになる警報とは

 

そんな学校の授業を左右する警報ですが、

絶対に学校が休みになる警報はあるのでしょうか。

 

結論から言うと、

休みになりやすい警報ならあります。

 

それは「暴風警報」です。

 

暴風警報とは、非常に強い風によって転倒や建造物の破損など

重大な災害が起こる恐れがある場合に発表されます。

 

過去には飛んできた物にぶつかって死亡するケースもあるので、

大変危険ですよね。

 

転倒も起こりやすいので、

怪我をする可能性も自ずと高くなります。

 

暴風警報に関しては学校が休みになりやすいと言えるでしょう。

 

高校によっては、

洪水警報・大雨警報・暴風警報の警報全てが発令されていると

休校になるところもあります。

 

最近ではゲリラ豪雨や大型台風の直撃による

甚大な被害が相次いでいることを受け、

事前に分かっていれば

前日に休校が決定する高校も多くなっています。

 

生徒に何かあってからでは遅いですから、

学校や各自治体の基準も

環境の変化とともに変化しているのかもしれません。

 

まとめ

 

自分が中高生だったころは、

「学校が休校になったら友達と遊びに行ける!」と

安易に考えていましたが、

大人になってからその危険性について考えるようになりました。

 

台風の日にあえて海に行って

高波にさらわれるという事故も多いですよね。

 

休校になった時は出来るだけ外出せず、

お家で大人しく過ごすようにしましょう。

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

除草剤の効果が出るまでにかかる必要な時間と効き目が続く期間とは!

  庭を綺麗に保つために、草むしりは欠かせません。 でも、大変ですよね。 スポンサードリンク   抜いても抜いても毎日生えてくる雑草に、 頭を悩ませている方も多いのではないでしょう …

日焼け止めスプレーを顔に直接かけるのは絶対にダメな理由とは!

夏の日差し・・・まだ若いから大丈夫!と油断していると、 あっという間にシミになってしまいます。   出来てしまったシミを消すことはなかなか難しいですよね?   もしお顔にシミが出来 …

豊洲のバーベキュー場付近で買い出しに最適なおすすめのスーパーは!?

夏といえば海水浴や花火など、 アウトドアのイベントが多くなってきますよね!   中でもバーベキューは、 楽しい夏の思い出になること間違いなしです。   しかも豊洲のバーベキュー場な …

正月に子連れで家族旅行に行くときのおすすめの穴場5選!!

昔は正月と言えば、 家族みんなで家で過ごすのが当たり前で、 旅行に行くと言うと「芸能人か!」と からかわれたものですが、 スポンサードリンク 最近では正月の家族旅行というのも 珍しくなくなりました。 …

学生服を洗濯するベストな頻度!?自宅で洗う時の汚れの落とし方の秘訣

学生服の洗濯ってどうしていますか? スポンサードリンク こまめに水洗いされていますか?   それとも衣替えの時期に、 クリーニングに出すくらいでしょうか?   学生服ってどれくらい …