さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

2月の札幌への旅行準備!靴はブーツでも大丈夫!?おすすめの服装は?

投稿日:

北海道では、12月に入るともう雪景色が見られます。

真冬の2月ともなれば、気温は氷点下、積雪も当たり前です。

 

氷点下の気温が普通なので、たまに1度とか2度になる日があると、

「今日は暖かいね」などと言われたりします。

 

北海道の外に住んでいる人間からすると、

まるで別世界の住人の会話です。

 

今回は、2月の札幌へ旅行に行く際の

靴や服装の注意点についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

2月の札幌旅行の靴はブーツでも大丈夫!?

 

冬は、おしゃれと防寒をかねて、

ブーツで出かけられる方も多いかと思いますが、

 

2月の札幌を、滑り止めのついていないブーツで歩くのはたいへん危険です。

 

夜の間に積もった雪が、昼の日射しで融けて水になり、

それが夜にかけてそのまま凍ってアイスバーンになると、

 

歩道がスケートリンクのようになり、

普通の靴ではツルツル滑ってしまい、とても歩けません。

2月の札幌の旅行に行かれるなら、

靴底に滑りにくい加工のしてある「冬靴」を購入されるのがおすすめです。

 

冬靴にも、婦人靴、紳士靴、ブーツタイプ、子供用と、

さまざまなバリエーションがありますので、

お気に入りの一足がきっと見つかるはずです。

 

わざわざそのために靴を買いたくないという方は、

せめてスニーカーを履いて行きましょう。

 

底面に溝の入った靴の方が、歩くときにしっかり地面をつかんでくれるので、

下が氷でも簡単につるつる滑りません。

 

普通の靴の裏に装着して使う“滑り止めバンド”も、

空港や駅の売店、街のドラッグストアなどで売ってあります。

 

長時間つけているとふいに外れることがあるのが難点ですが、

一泊二日の旅行くらいなら大丈夫でしょう。

 

ちなみに、転ばないためには歩き方も重要です。

スポンサードリンク

転びやすい体勢は、重心が後ろと外側にかかっている格好です。

 

なるべく、足の内側(親指側)に力を入れて、少し前屈みの姿勢で歩くようにすると、

重心が安定し、めったなことでは転ばなくなります。

 

歩くときの姿勢にもぜひ注意してみてください。

 

札幌に2月に行く際の服装はどうする?

服装は、ちょっとしつこいかな?

と自分で思うくらいに防寒して行ってちょうど良いです。

 

まずインナーは、

上下ともにアクリル・ウール素材のものを身につけましょう。

 

女性なら、下着の上に、薄手のあったか素材のショートパンツを履いて、

その上からさらにタイツを履くと、インナーの密着度が高まり、

寒さをかなり軽減することができます。

 

ボトムスは、厚手のタイツさえ履いていれば、

上はスカートでもパンツでもそこまで寒さに差はありません。

 

好きなものを履いて行きましょう。

 

足下が冷えないよう、タイツの上に靴下を重ね履きして、

さらにレッグウォーマーを重ねると、おしゃれですし防寒にもなります。

 

防寒のポイントは、

見えない内側の部分でいかに厚着できるかです。

 

薄くても温かいインナーをしっかり着込んで行けば、

上に着るものはセーターでも綿素材のシャツでもかまわないのです。

 

あまりもこもこ着込むと、野暮ったくなったり、

『服が重くて歩くのしんどい、、』という本末転倒な事態になってしまいます。

 

それから、「手袋」も必須です。

 

あまりおしゃれと関係がないのと、

スマホが使いづらいということで省かれがちですが、

 

指先が冷えると、身体全体が冷たく感じられますので、

真冬の札幌に行くなら、ぜひとも押さえておきたいアイテムです。

 

同じ理由で、「イヤーマフ」もおすすめです。

冷えやすい耳を守ることで、より温かさを感じることができます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

2月の札幌に旅行に行かれる際の

おすすめの靴や服装についてご紹介してきました。

 

しっかり対策して、

安全に札幌旅行を楽しんでくださいね。

 

参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

博多おくんち2018の日程とスケジュール!混雑回避のポイントとは!?

「博多おくんち」とは、 スポンサードリンク 福岡県福岡市博多区にある櫛田神社の秋のお祭りです。   1200年前から続く神事で、秋の豊穣に感謝する祭りとして、 地元で古くから親しまれて来まし …

五山の送り火が全て燃えている時間は30分間!?綺麗に見えるスポット!

京都の夏の風物詩と言えば、 五山の送り火(ござんのおくりび)ですね。   祇園祭とならぶ夏の行事のひとつです。   毎年8月16日に京都を囲む五つの山にて順々に点火される伝統的な行 …

成人式の着付けにかかる時間と金額の相場!よくあるトラブルとは!?

スポンサードリンク 成人式の着付けを、美容師さんや着物のレンタル業者さんなど、 プロの人に頼む場合どれくらいの時間と金額がかかるのでしょうか。   特に時間は、きちんと見積もって出かけないと …

成人式に出ないのはおかしいことではない!?行かない人の割合や理由!

  成人式を迎える新成人の皆さん 成人おめでとうございます! スポンサードリンク   成人式といえば男性はスーツですが女性は振袖ですよね。 振袖は成人した女性の特権だと思います。 …

成田山新勝寺の年始の出店はいつまでやってる!?初詣の混雑状況は?

  「成田山新勝寺」は毎年お正月の三が日には、 300万人以上の参拝客が訪れます。   全国初詣ランキングでは明治神宮についで、 第2位に選ばれている初詣の人気スポットです。 &n …