さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

岸和田だんじり祭りは地元民にとっては迷惑というのは本当だった!?

投稿日:2018年5月30日 更新日:


大阪の岸和田市で毎年秋に行われている「岸和田のだんじり祭り」

 

テレビでもよく放送されているので

ご存知の方も多いと思います。

 

このお祭りは岸和田の地元の人たちにとって、

1年の中で一番楽しみなイベントです。

 

だんじりを愛する人たちは祭りが終わった次の日から、

もう来年の祭りのことを考えているとか。

 

岸和田の人たちにとっては

お正月よりお盆よりもだんじり祭り。

 

「1年は祭りで始まり祭りで終わる」というように

岸和田だんじり祭りは地元民にとって、

とても大事なものなのです。

 

でも、みんながみんなだんじり祭りを

愛しているわけではないようですよ。

 

中には、だんじり祭りは迷惑と思っている

地元民もいるとかいないとか。

スポンサードリンク

岸和田のだんじり祭りが嫌いな人もいる!?

 

岸和田に住んでいるからといっても

だんじり祭りが大好きな人もいれば嫌いな人もいます。

 

それは人それぞれですよね。

 

だんじり祭りが嫌いな人はその理由として、

早朝や深夜の練習が騒がしいことや、

祭り当日の交通規制のために迷惑しているということ挙げています。

 

でも本当は迷惑だと思っていても、

お祭りだから仕方がないなと、みなさん思っている方が多いのです。

 

また祭り当日の見物人のマナーの悪さも挙げられています。

 

ゴミをポイ捨てしてしまうマナーの悪い見物人が多く、

祭りの日は町中ゴミだらけに。

 

このポイ捨てされたゴミは祭りの翌日、

地元のボランティアの方たちが

きれいにしてくださっているのをご存知でしょうか?

 

せめてゴミはゴミ箱にいれるか

持ち帰るようにしたいものです。

 

こういうマナーの悪い人がいるために、

祭りが嫌いだという人がいるんですよね。

 

このほかにも、粘着テープを地面に貼って

スポンサードリンク

場所取りをしている人もいます。

 

このことはテレビで放送されて一時期話題になっていたので、

ご存知の方もいると思います。

 

場所取りの粘着テープは

通行人が道路標識と勘違いしてしまう危険があるため、

主催者がはがしていましたが、はがせば貼られるイタチごっこに

とうとう警察が出動することになりました。

 

みんながみんなではありませんが

一部のマナーの悪い人たちによって、

伝統的なお祭りのイメージが悪くなるのは残念なことですよね。

 

岸和田だんじり祭りの見どころ

 

300年以上も前に始まったといわれている

岸和田だんじり祭りの見どころは、勢いよく走りながら、

曲がり角で直角に山車の向きを変える「やりまわし」でしょう。

 

やりまわしのシーンは、

ニュースでも放送されているので見たことがあると思いますが、

重さが4トン以上もあるだんじりが、

勢いよくカーブを曲がる壮観な様子はぜひ生でみたいものです。

 

やりまわしのダイナミックな曳行もいいですが、

夜の「灯入れ曳行(ひいれえいこう)」もお勧めです。

 

夜19時頃になると、だんじりに200個あまりの提灯が取り付けられ、

しっとりと落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと町内を歩く様子は

昼間の威勢の良いだんじりとはまた違った魅力があって良いものです。

 

見物人のマナーも大切

 

やりまわしが行われる曲がり角には、

勇壮なだんじりのやりまわしを見るためにたくさんの人が集まります。

 

そこでは、けがや事故が起こることもあります。

 

事故が起こらないようにするには、

見物人である私たちもマナーを守らないといけません。

 

お祭りというとついつい気が大きくなりがちですが、

だんじり関係者や警察官の指示には必ず従って、

安全にだんじりが運行出来るように協力しなければいけませんね。

 

まとめ

 

だんじり祭りの日には

約60万人もの人が集まります。

 

300年以上も続く、

歴史のある岸和田のだんじり祭りは

ぜひ1度近くで見て欲しいと思います。

 

でも、絶対にマナーは守ってくださいね!

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

唐津くんち2019の日程と駐車場や見どころ!屋台の出店場所と営業時間

  佐賀県唐津市では、 毎年11月初旬に「唐津くんち」という祭りが行なわれています。   この祭りは、唐津市の唐津神社の秋季例大祭で、 秋の収穫を感謝する例祭で「くんち」は九州北部 …

和歌山ぶらハロ2018の日程とパレード参加方法!更衣室や駐車場は?

最近はハロウィンも 日本の秋の行事として定着してきましたね!   ハロウィンといえばジャックオーランタンを飾ったり、 お菓子をもらったりしますが、   仮装を楽しむことができるとい …

雛人形の飾る場所は床の間でも大丈夫!?飾ってはいけない場合とは!

  スポンサードリンク 雛人形を飾るときに、 誰でも最初に考えるのが『どこに飾ろう?』だと思います。   メインのおひなさまとおだいりさまだけでなく、 五人囃子や三人官女、ぼんぼり …

入学式にコサージュはダサいのでつけない!?代わりになるものとは!

この春ご入学されるお子さんを持つお母さん、 おめでとうございます。   これから入学説明会や学用品の準備と、 慌ただしい日が続くことと思います。   お子さんの入学が待ち遠しいとこ …

支笏湖氷濤まつりの服装はどうする!?ライトアップ鑑賞に必須の装備!

  北海道の支笏湖では毎年、 冬になると「支笏湖氷濤まつり」が開催されています。 スポンサードリンク   支笏湖は、札幌から車で1時間ほど行ったところにある、 自然豊かな郊外の湖で …