さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

アイロンをかけてもしわが取れない!ワイシャツにかける時の秘訣は!?

投稿日:

 

「アイロンをかけても、しわが取れない!」

 

一生懸命アイロンをかけているのに、

ワイシャツのしわが全然取れなくて困った経験のある人いませんか?

 

アイロンは、ただかければ良いというものではなくて、

特にワイシャツのしわ伸ばしには、ちょっとしたコツがあるんです。

 

今回はそれについて、ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

アイロンのシワ伸ばしのコツとは!

 

ワイシャツのシワを綺麗に伸ばせるかどうかの勝負は、

実は洗ったワイシャツを干すところからすでに始まっています。

 

アイロンで楽にシワを伸ばすためには、

まず干した段階で変なシワがつかないように干し方を工夫します。

 

具体的には、脱水時間を短くしてください。

 

干すときは襟を立てて、

二番目のボタンを留めて下さい。

 

また干すときに裾や袖などにシワがよっていたら、

その部分を手で挟むようにパンパンとたたいて伸ばします。

 

そういったことに気をつけて干してみてください。

 

脱水時間を短くするのは、

その方がシワになりにくいということと、

 

干すときに、より水分を含んでいる方が、

シャツ自体の重みで布地が下へ引っ張られ、

自然とシワが伸びる効果があるためです。

 

そうして、

ワイシャツが完全に乾く前にアイロンをかけます。

 

布地は、乾くときに形が定まります。

 

完全に乾いた上からいくらアイロンをかけても、

シワは伸びないのです。

 

そういうときは霧吹きなどを使って、

ワイシャツを湿らせながらアイロンをかけると、

綺麗にシワを伸ばすことができます。

 

ワイシャツのアイロンがけの時間短縮の方法!

 

ここで、ワイシャツのアイロンがけの時短テクニックも、

ついでにお伝えしちゃいますね。

 

コツは、アイロンをかける箇所を限定することです。

 

特に、初心者のうちはついつい、シャツの表も裏も、

全体にまんべんなくアイロンをかけたくなってしまうのですが、

スポンサードリンク

 

シャツくらい薄いものであれば、

アイロンは片面にかけるだけで十分なのです。

 

襟は裏面にのみ、

アイロンをかけましょう。

 

時間短縮のためというのもありますが、

襟はアイロンをあてると、先端部分にシワが寄りやすいのです。

 

そのため表側には、

あえてアイロンをかけない方が安全であると言えます。

 

裏からアイロンをかけるだけでも、

表から見た襟はパリッと仕上げることができますよ。

 

袖にアイロンをかけるときは、

アイロン台に平置きしたときに、

 

前後の縫い目がきちんと重なるように

折ってからアイロンをかけてください。

 

こうすると、袖の真ん中に自然な折り目ができます。

 

折り目が中途半端な位置に来ると、

途端に「シワ」になってしまいますから注意してくださいね。

 

これもやはり、片面からアイロンをかけたら、

わざわざひっくり返してもう片面もかける必要はありません。

 

袖口にも、忘れずにアイロンをかけましょう。

 

袖口は固いので、

つぶさずに広げて裏面のみアイロンをかけます。

 

身頃も袖の要領で、

表裏の縫い目を重ねてアイロンをかけます。

 

見頃部分は広いので、

右左半分ずつ、じっくりかけましょう。

本当〜に時間がないときは、

襟、胸元、袖口だけでもアイロンをかけましょう。

 

背広を着て仕事をされている場合、

外から見てもっとも目立つのがこの部分だからです。

 

ここさえパリツとさせておけば、清潔感は保たれます。

 

逆に言うと、襟、胸元、袖口がクタッとしたワイシャツを着ていると、

着の身着のまま感が出てしまい、

見ている人に不潔な印象を与えてしまいます。

 

特に襟は、いつでもきれいにしておきましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ワイシャツのシワをアイロンで取る方法について、

ご紹介してきました。

 

霧吹きで湿らせながらアイロンをかけると、

たいていのシワは綺麗に取れますよ。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新幹線での暇つぶしで3歳の子供におすすめな4選!もうグズらせない!?

楽しみな家族旅行。   でも、子供が新幹線の中でじっと静かにしていられるか 心配なママも多いと思います。   子供がなかなかじっとしていられないのは、 スポンサードリンク みなさん …

このビニールプールの補修方法がとんでもなく参考になりすぎる!?

暑い夏の必須アイテムといえば、そうビニールプール!   小さいお子さんを公園で遊ばせるには熱中症が心配…という時にも、 お家の庭などで楽しめるビニールプールなら日よけを付けたり、 日陰を選ん …

コンビニが24時間営業をするメリットは!?知られざる理由と過去の歴史

  コンビニといえば、 朝から晩まで常に開いている24時間営業のイメージがありますよね。   いつでも開いているため、困った時にはコンビニで買ったり、 仕事帰りにも気楽に寄ることが …

ステキな休日の過ごし方!家族で雨の日に楽しめるアイデア6選!!

梅雨になると連日の雨で 外に遊びに出ることができなくて、 スポンサードリンク 家にこもって 何をしようか悩むママも多いと思います。   家の中で過ごしていると 絶えず兄弟げんかしたり、 &n …

蟹の剥き方!ハサミなしでも簡単に食べられる方法と食べ方のマナー!?

スポンサードリンク 冬は蟹のおいしい季節です。   一般の食卓に並んでいるイメージはあまりないかもしれませんが、 社会人になると、忘年会や送別会、冬の温泉旅行等々、   さまざまな …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。