さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

薄手のニットの洗濯頻度!!何回着たら洗うのがベストなのかを徹底解説

投稿日:

 

薄手のニットの洗濯って、

みなさんどうしていますか?

 

肌の上に直接着るものではないため、

1〜2回の着用では洗わないという人も多いと思います。

 

実際、薄手のニットというのは、

何回着たら洗うのがベストなのでしょうか?

 

今回はこの点について、

解説したいと思います。

スポンサードリンク

薄手のニットは何回着たら洗う!?

薄手のニットは普通、

肌着や、シャツ、ブラウスの上から着用するものなので、

頻繁に洗濯する必要はありません。

 

ただし、

着ているとき少しでも肌に触れる部分があるときには、

身体から出る皮脂が服についている可能性がありますので、

一回着用するごとに洗うのがおすすめです。

 

たとえば女性用の細身のセーターは

腕部分がぴったりしていますので、

下に着るものは

キャミソールか半袖の肌着になると思います。

その場合は、

皮脂や汗がセーターにつきますので、

一度着るごとに洗濯をしましょう。

 

カビやダニなどの害虫は、

服についた皮脂や汗よごれを栄養に繁殖します。

 

冬でも、

室内で過ごしてセーターの脇に汗がにじんでいたりしたら、

その日のうちに洗濯しましょう。

汗をかいたなと思ったら、

放置せずに、なるべく早く洗剤と水で洗うのが、

ニットを長持ちさせるコツです。

 

特に汚れが気になるような着方をしていないかぎり、

同じものを5回は着続けて大丈夫です。

 

5回というのは、

平日の日中、学校やオフィスで

毎日着用すると仮定したときの回数になります。

 

身体の皮脂は、

どんなに着用時間が短くても、

肌に服が少し触れただけでも、

ついてしまうことを避けられません。

ただ、汗と違うのは、

急いで洗わなくても

シミになる危険が少ないという点です。

 

これを、とりあえず洗わずに

スポンサードリンク

放置して良いぎりぎりの日数が5日〜1週間です。

 

一週間を過ぎて洗わずにいると、

最初の日についた皮脂が酸化して臭いを発し始めます。

 

ですから厳密に言うと、

回数よりも、

最初に着た日から

どれくらいの日数が経っているかを目安に

洗濯する方が良いことになります。

 

もしも同じものを毎日着る場合は、

5回着たら洗濯するというふうに

覚えておきましょう。

 

ニットを洗わない時のお手入れ方法

ニット製品は洗いすぎると、

洗濯時の摩擦によって毛玉が出来たりして、

風合いが損なわれます。

 

かと言って、洗わないで置いておくと、

既に書いたとおり、

害虫が発生して布地が傷み、

やはり風合いは損なわれます。

 

ニットを長持ちさせるためには、

あまり頻繁に洗濯しないこと、

かつ、洗わないで置いておく間も、

布地が虫にやられないよう

きちんとお手入れすることが必要になります。

 

お手入れ方法についてですが、

ニットを脱いで、

しまう前に、脇やひじの内側の部分など、

汗がついたかなと思う部分を、

水を含ませて固く絞ったふきんで

軽くなでるように拭きます。

 

汗は水に弱いため、

ニット製品にかぎらず、

水で洗えない素材(シルク、レーヨンなど)に汗がついたときは、

このようにしてお手入れします。

 

そうすると

シミや害虫の発生を防ぐことができます。

 

しまうときは、

たたむよりも、なるべくハンガーに吊るしておくようにすると、

服に湿気がたまりにくく、

カビ予防にもなるのでおすすめです。

 

さらにブラッシングして毛玉を防ぎましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

薄手のニットの洗濯頻度について、

ご紹介してきました。

・ ニットの洗濯頻度は一週間に一度が目安。

連続着用は5回まで。

・ 汗をかいた日は、

ニットにも汗がにじんでいるかもしれないので、

その日のうちに洗う。

・ 洗わないときは汗がついたと思われる部分を、

固く絞ったふきんで軽く拭いてお手入れをする。

・ ハンガーに吊るしてブラッシングする。

 

参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルバイト面接を受けるときの服装!専業主婦がコレだけで好印象に!?

これからアルバイトの面接が控えているというあなた。 スポンサードリンク   結婚してからずっと専業主婦だったという方にとっては、 アルバイトの面接は久しぶりのことかもしれません。 &nbsp …

【驚きの真実】十五夜(中秋の名月)の別名はたくさんあった?!

一年で最も美しい月を見ることの出来る日が十五夜(中秋の名月)と言われていますが、そんな十五夜には、実は別名がたくさんあります。 スポンサードリンク 芋名月・望月・望・三五の月・名月・満月などと呼ばれま …

サンシェードを車に取り付けた時の驚きの効果!サイドの必要性は無し?

夏になると海水浴やキャンプと、 お出掛けすることも多くなりますよね。   とっても楽しい季節ですが、いざ出発という時に スポンサードリンク 「車内が暑過ぎて乗れない!」なんていう経験ありませ …

手持ち花火は来年も使える!?正しい保管と処分の方法とは!

  手持ち花火を多めに買って家族や友人で楽しんだものの、 スポンサードリンク 全部使いきることができずに余ってしまったことはありませんか?   そこで『余っても来年に使えるの?』と …

引越しする子供の友達へのプレゼント!小学生の男の子が喜ぶもの5選!?

  子供と仲良しの友達が引っ越しをする事になったので、 なにかプレゼントを贈ろうと考えている方もいるのではないでしょか。   しかし、自分の子供のプレゼントでも迷うのに、 人の子供 …