さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

隅田川花火大会攻略法!!混雑する電車を回避して気持ちよくデート!

投稿日:


東京の夏の風物詩といえば「隅田川花火大会」ですよね?

7月下旬に開催され、毎年100万人もの人々が美しい花火を見るために隅田川周辺に集まります。また、隅田川花火大会は江戸から現代まで続いている日本最古の伝統と格式を誇る花火大会です。

今年も家族や友達、恋人とのデートで訪れるという人も多いでしょう。ただ、一つ注意していただきたいのが、行き帰りの混雑です。100万人の人が訪れるということは、同じだけの人が一気に帰るということです。

行きはバラバラと来るので最寄駅で降りることができますが、帰りも会場の最寄り駅から帰ろうとすると、人が多すぎて駅に入場規制がかかることも。

せっかく綺麗な花火を見た後でも、全然進まない人混みに混ざって、押し合いへし合いしながら帰らなければなりません。やっと駅に着いたと思ったら、切符を買うためにまた長蛇の列に並ぶ…なんて、うんざりですよね。

事前に混雑しにくい駅をチェックして混雑回避の方法を頭に入れておけば、恋人とのデートでも気持ちよく過ごすことができますよ。

スポンサードリンク
  

隅田川花火大会で混雑する駅をチェック!

隅田川花火大会では、第一会場と第二会場の二つの場所で花火が打ち上げられます。第一会場の方が交通の便が良く、また東京スカイツリーや浅草などの観光スポットにも近いため人気です。

最寄り駅は浅草駅・東京スカイツリー駅・押上駅・曳舟駅ですが、そのうち浅草駅は第一会場に一番近いため、花火大会当日に最も混雑する駅となっています。

行きで浅草駅を利用するのであれば、19:05よりもずっと早く会場入りしておくと安心でしょう。大体15時頃から人が増え始めて、17時以降はものすごい人になります。

行きで混雑を回避するには、早めに現地入りすることが大切です。

第二会場は第一会場に比べれば人出が少ないものの、そもそも隅田川花火大会に来場する人の数が圧倒的に多いので、混雑するのは間違いありません。

こちらは浅草駅・両国駅・浅草橋駅・田原町駅・蔵前駅・本所吾妻橋駅が最寄り駅となっています。

スポンサードリンク

浅草駅は第一・第二会場ともに利用する最寄り駅なので確実に混雑します。第二会場に行く場合も、早めに現地入りすることと、会場から少し離れた駅を利用することをおすすめします。

隅田川花火大会から帰るときのポイント!

そして帰りは、これらの最寄り駅を利用するのは避けた方が無難でしょう。駅に向かうまではもちろん、駅構内でもかなり混雑します。

切符を買っていなかったり、SUICAやPASMOの残高が足りなかったりしたら、またそこで長蛇の列に並ばなければなりません。

スムーズに帰る一番の方法は、少し離れた混みにくい駅まで徒歩で行ことです。遠くまで歩くなんてもっと疲れるじゃないかと思うかもしれませんが、何時間も進まない列に並び続けるのもそれはそれで相当疲れるものです。

最寄り駅に向かう方がよっぽど時間がかかって後悔することにもなりかねません。

帰りの駅は秋葉原駅・南千住駅・上野駅・錦糸町駅などがおすすめですよ。

混雑する時間帯は?

行きは15時から19時ごろまでの4時間の間にばらばらと人が集まるという感じですが、やはり開始1時間前ぐらいからは混雑してきます。

したがって18時までに会場入りすると混雑することなく余裕をもって楽しむことができるでしょう。

帰りの混み具合については行きの比ではありません。終わると同時に一気に100万人が駅に押し寄せるので、混雑すること必至です。特に花火大会が終わる20:30から21:30までの一時間は、駅に入るのも難しいぐらい混雑のピークになります。

終わってすぐ最寄り駅に向かうのではなく、先述した通り少し離れた駅に歩いて向かうのが賢明でしょう。徒歩で歩いている中で見つけたカフェで夕食をとるのもいいかもしれませんね。

実際、混雑を避けるためにレストランやカフェ、コンビニなどで時間を潰して、人が少なくなってきたころに帰るという人は多いです。20:30に花火が終了するので、夕食を食べるのにもちょうど良い時間ですよね。

まとめ

隅田川花火大会はその伝統や打ち上げ数もさることながら、来場数も日本最大規模の花火大会です。

綺麗な花火を見た後は、その余韻に浸りながらスムーズに家路に着きたいですよね。事前に行き方や帰り方を決めておいて、切符などの準備もしておけば、混雑を回避して気持ちよく帰ることができますよ。

事前の準備を万端にして、隅田川花火大会を存分に楽しんでください!

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【地元民が語る】岸和田だんじり宮入の意味!!時間と穴場も徹底解説

大阪で秋のお祭りといえば「だんじり」。 スポンサードリンク 関東方面の方には、あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、「岸和田だんじり祭り」といえば、聞いたことがある方も多いでしょう。 今や全国にも知 …

地元民が教える!!小牧平成夏祭りのおすすめの屋台情報や駐車場事情

「小牧平成夏祭り」は、愛知県小牧市で毎年7月下旬に行われているお祭りです。 スポンサードリンク 平成元年に第一回大会が開始されて以降、一度も休むことなく続けられて来たこのお祭りですが、平成ラストの年と …

灘のけんか祭り2018年の日程!今年は怪我人が出るほど危険!?

灘のけんか祭りとは、兵庫県姫路市白浜町の松原八幡神社で行われる秋季例大祭で、「妻鹿のけんか祭り」とも呼ばれています。 スポンサードリンク 全国各地にある「けんか祭り」の中でも最大規模の祭りで「天下の奇 …

こくらハロウィン2018の日程とパレード参加方法!更衣室や駐車場は?

「こくらハロウィン」は、福岡県の北九州市小倉で5年前から行われているハロウィンイベントです。 スポンサードリンク こくらハロウィンでは毎年、参加者が思い思いの仮装をして小倉の街をパレードします。 もと …

まだ知られていない!?江戸川区花火大会の混雑回避の裏技を徹底解説

江戸川区花火大会は、毎年8月の第1土曜日に開催されています。 東京都側で江戸川区花火大会が開かれ、同時開催で反対側の千葉県側では、市川市民納涼花火大会も開かれます。 スポンサードリンク 花火は、江戸川 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。