さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

【マル秘情報】清水寺のチケット売り場の混雑回避の裏ワザとは!?

投稿日:


世界屈指の観光都市「京都」。

中でも超のつく人気スポットのひとつが「清水寺」です。

オフシーズンの平日でも、清水坂の人の多さは途切れることがありません。

それでも「一度は訪れたいスポット」に必ずランクインする理由は、やはり清水の舞台から臨む、眺望の美しさでしょう。

そして年3度のライトアップ。

桜、お盆、紅葉のシーズンのライトアップは、テーマパーク並みの行列。

それでも皆さん声をそろえて「一見の価値あり!」の絶景とか。

これは入念な下調べをして、逃す手はないですね!

スポンサードリンク
  

清水寺のライトアップの混雑回避は?

常に混雑当たり前の清水寺ですが、混雑回避のポイントは時間帯です。

お店が開店する10時台なんて、すでに清水道は人、人、人でごった返しています。

平日だって油断は出来ません。

修学旅行生、団体ツアー、外国人観光客。

常にありとあらゆる観光客がひしめき合っていますので、お寺に着くだけでも一苦労。

参拝も楽しみにされている方は、早朝がオススメです。

夜の特別拝観は、昼と夜入れ替え制なので、ライトアップは夕刻改めて出直すのも、悪い手ではないですよ。

開門は6時ですので、清々しい空気の中ゆっくりとお参りできます。

有名な音羽の滝も並ばずに、お水を受けることが出来ます。

また、音羽の滝では毎月28日のお不動様の縁日に、6時から僧侶による読経が行われますので、機会が合うなら是非。

横の茶店「瀧の屋」でお茶の接待もあります。

有名な「清水の舞台」のある本堂は「国宝」であり「世界遺産」。

西国三十三霊場の札所でもあります。

崖の斜面に建てられた、ビル4階分の高さにそびえる建築は近くで見るほどド迫力!

そして、清水の舞台からの眺めをゆったりとご堪能ください。

朝でも夜でも紅葉は紅葉。

ちゃんとそこにいてくれますので、心静かに愛でましょう。

ちなみに紅葉のシーズンではありませんが、8月9日~16日の千日詣りの日には、本堂の内内陣まで入れます。

間近で見る、ご本尊の十一面観音像を始め、前後四段にぎっしり並ぶ二十八部衆の仏像群は圧巻です。

「仏像好き」なら、こちらもおすすめですよ。

さて、ではメインイベントの夜のライトアップについて。

スポンサードリンク

2018年秋の夜の特別拝観
11月17日(土)~12月2日(日)
17:30~21:00(受付終了)
大人:400円  小・中学生200円

成就院庭園拝観
11月17日(土)~12月2日(日)
18:00~20:30(受付終了)
大人600円  小・中学生300円

「チケット売り場」といってもあくまで「拝観料」ですから、前売り券はありません。当日並んでお買い求めください。

売り場は2箇所あります。

「清水寺正面入り口」「茶わん坂頂上」です。

清水寺正面はメインゲートですから清水道、産寧坂、五条坂から合流した門前商店街を通った先にあるので、人の流れはそちらに集中しています。

茶わん坂は五条坂の途中から分岐する脇道で、他の道から合流してくることはありませんので、比較的人も少なくなります。行列の長さも8割程度短いです。

そして時間帯。

入れ替えすぐの17時半から19時台は、もっとも人出の多い時間となります。

狙い目は閉門前の20時過ぎから21時。観光客もひいて、人もまばらになっている頃です。

早朝に参拝して日中は街中散策&お買い物、夕食を済ませてから、いざ夜のライトアップというコースは如何でしょう?

早朝にしても夜の拝観にしても、心配なのは交通手段。

宿泊する場合、京都市内ではこの時期予約も難しいかもしれません。

大阪市内なら終電も22時ぐらいまで大丈夫。

エリアを拡げて検索してみてください。

清水寺のライトアップは車で行くのはやめた方がいい!?

京都観光で車移動は避けた方が無難です。

清水寺周辺は、大型バス、路線バス、観光タクシーも多数行き交い、車道の混み具合も参道同様です。

清水寺に無料駐車場はありませんし、オンシーズンは周辺駐車場も観光バス、観光タクシー優先に。

一般車はますます停めにくくなります。

京都市内は路線バスも充実しています。

一日乗車券(600円)を購入すれば、市バス一日乗り放題。

街歩きに慣れている方なら、京阪「清水五条」駅から20分ほどなので、徒歩でも十分行ける距離です。

緩い傾斜が続くので、体感は少々こたえますが、京都は街の風景自体が美しい。

風情を楽しみながらブラブラ歩きも、京都の楽しみ方のひとつです。

あとがき

行列に並んででも一度は見ておきたい、絶景スポット。

多くの人たちを魅了する所以はなんなのか是非、ご自分の目で確かめてください!

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

事前リサーチ必至!?水戸黄門祭りに車で行くときの駐車場事情

夏になると楽しみなのが、夏祭りや花火大会ですよね。浴衣を着て屋台を巡ったり、大切な人と花火を見たり。夏祭りは一年の中でも特に思い出に残るイベントです。 スポンサードリンク 茨城県水戸市では、毎年8月の …

竈門神社の紅葉ライトアップが絶景!!ベストな見頃と駐車場情報

スポンサードリンク 福岡県太宰府市にある竈門神社は、玉依姫命を主祭神として祀る神社です。 縁結びや厄よけの神社として有名な竈門神社ですが、地元では紅葉の名所として古くから人々に親しまれています。 今回 …

父の日のプレゼントを手作り!!幼稚園児でも簡単作れるものは何!?

いつもお仕事を頑張ってくれているパパ。父の日は、お子さんからありがとうの気持ちを伝える絶好のチャンスですよね。 スポンサードリンク 何か物を買ってプレゼントするのもいいですが、せっかくならお子さんと一 …

【地元情報】みあれ祭り2018の日程や花火大会情報と駐車場事情の詳細

「みあれ祭り」は、福岡県宗像市で毎年10月1日に行われる、航海安全・大漁祈願の祭礼です。 スポンサードリンク 全国的な知名度はまだまだ低いですが、数百隻の漁船が一同に会し披露される海上パレードはSNS …

【地元民が語る】貝塚市だんじり祭り2018の日程と見どころのスポット

「だんじり祭り」といえば、「岸和田」が有名ですが、夏から秋にかけての大阪は、あらゆる地域でだんじり祭りが行われています。 スポンサードリンク 特に泉州はだんじりのメッカ。 堺から南の地域は泉州といい、 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。