さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会2019の日程と駐車場!穴場や見どころは?

投稿日:

 

美祢市伊佐町で毎年行われるお祭り

『伊佐十七夜祭ふるさと花火大会』。

 

このお祭りで打ち上げられる花火は、

30分間絶え間なく上がり続けることが魅力です。

 

小さな町のお祭りですので、

知る人も少なくゆっくりとお祭りが楽しめることも魅力の一つです。

 

長年続いているこの花火大会は、地域の方々が時間をかけ準備をし、

若い方が多く来ることを望んでいる花火大会でもあります。

 

今回は、筆者の地元で行われるイベント

「伊佐十七夜祭ふるさと花火大会」についてご紹介します。

スポンサードリンク

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会2019の日程

 

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会は、

毎年8月17日に開催されます!

 

荒天中止ですが、

昼間は大雨でも夕方から小雨になると開催されることもありますので、

中止かどうかは確認をされた方が良いです。

 

【時間】

お祭りは18時30分より始まります。

 

花火は20時30分より開始され、

30分間絶え間なく打ち上げられます。

 

【場所】

宇部興産株式会社伊佐セメント工場から

伊佐商店街までがお祭り会場です。

 

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会の駐車場情報

 

近くの公園やスポーツセンター、

伊佐中学校が駐車場会場となります。

 

開催場所より少し離れる場所に誘導されることもありますが、

少し歩けば花火が見られる場所が必ずあります。

 

車が止められなくて困るということはありません。

 

【トイレ】

公園や近くにコンビニもあります。

商店街ですので、お願いすれば対応してくれるはずです。

 

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会の見どころ

 

約1300~1500発の花火が、

休みなく打ち上げられるのが一番の見どころです。

 

特にメイン会場では、花火にとても近いこともあり、

音も花火の大きさも他ではなかなか体験できないものがあります。

 

時には花火の火の粉が飛んでくるのではないかと

ドキドキすることもあります。

 

また、ラストを飾る花火はとても大きく見ごたえがあり、

大きな音ともに迫力があります。

 

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会の穴場!?

 

屋台が並ぶ通りから外れると人通りも少ないので、

ゆっくり見ることができます。

 

小さい子供連れでも周りに人がいない場所もたくさんあるため、

スポンサードリンク

もし子供が花火の音が怖く泣き出しても外の人の目を気にすることはありません。

 

また、辺りには街灯などの明かり少なく、

暗闇に打ち上げられる花火の彩が増します。

 

穴場ではないのですが、

メイン会場で見る花火は打ち上げ場所が近いため、

かなりの音と迫りくる花火が見られます。

 

大きな花火大会ではなかなか体験できない、

小さな町ならではの花火です。

 

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会の場所取りは?

 

小さな町のお祭りですので、

場所取りは必要ありません。

 

花火が始まる時間直前に来ても

近くで花火が見られることも魅力の一つです。

 

ただし、メインの場所は人が多いので、

始まる少し前に行った方が良いです。

 

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会の混雑状況

 

例年5000~6000人の方が訪れます。

 

屋台が並ぶ商店街の通りは行きかう人々で混雑はしますが、

全く歩けないわけではありません。

 

屋台をゆっくり見ながら歩けますので、

混雑というほどではないです。

 

宇部興産株式会社伊佐セメント工場前がステージ会場となっており、

毎年いろいろな催しが開催されているため、

お祭り会場では一番混雑する場所です。

 

しかし、混雑といっても全く身動きが取れないわけではありません。

 

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会の屋台は?

 

寂れた商店街が100mくらいあるのですが、

このお祭りのときは両側に屋台が立ち並びます。

 

子供向けの屋台もたくさんありますし、

お祭りのくじ引きもありますよ。

 

昔からある屋台や今流行っているものを売る屋台など、

いろいろな種類があり大人も子供も楽しめます。

 

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会の周辺情報

 

JR美祢線美祢駅から車で10分の場所で開催されますが、

周辺には特になにもありません。

 

早めに来ても遊べるところはないと言っても良いくらいですので、

お祭りの時間に合わせて会場に行くことが良いと思います。

 

屋台が並ぶ道沿いから外れれば混雑していないので、

ちょっと腰を下ろせる場所はたくさんあります。

 

食事も人の迷惑にならずできます。

 

まとめ

 

伊佐十七夜祭ふるさと花火大会は地元の人しかあまり来ないですが、

花火は地元企業協賛、中には大手企業も協賛しているため、

30分間休みなく打ち上げ花火が上がります。

 

地元のお祭りの花火なので知らない人も多く、

車が駐車できないということや、

大混雑で身動きが取れないということもありません。

 

場所取りなどもせず、

お祭りに行けばゆっくり座って花火が見れます。

 

30分間上がりっぱなしの花火を近くで見るのは、

見ごたえがありますので結構穴場の花火スポットだと思います。

 

屋台で買ったものを座って食べられる場所もあり、

小さなお子様連れでも落ち着いて楽しめます。

 

昔から続く地域の方々の思いがこもった小さな町の花火大会です。

 

有名な花火大会にはない魅力も数多くありますので、

ぜひ一度、伊佐十七夜祭ふるさと花火大会を見に来てください。

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:

関連記事

赤岡冬の夏祭り2019の日程と駐車場や見どころの地元民情報!

  冬の夏祭りは、高知県の香南市にある赤岡町横町商店街で、 1995年から始められたお祭りです。   約200メートルの赤岡町横町商店街に、 約100店舗の工夫を凝らした出店が、ぎ …

江戸川区花火大会の最高の穴場スポットは篠崎公園だけ!?

第43回江戸川区花火大会の開催日時が決定いたしました! 平成30年8月4日(土) 午後7時15分から午後8時30分 (雨天順延) 毎年大人気の花火大会。 オープニングの5秒で1,000発を打ち上げる圧 …

買物公園まつり 大道芸フェスティバルinあさひかわ2019の地元民情報

旭川駅から常盤公園という公園へ伸びる 「買物公園通り」という歩行者天国で、 スポンサードリンク 色々な大道芸が見られる「買物公園まつり 大道芸フェスティバル」。   食べマルシェにも出店する …

みなとこうべ海上花火大会の場所取りのコツと各穴場スポットの特徴!

みなとこうべ海上花火大会と言えば、 スポンサードリンク 兵庫県神戸市の神戸港の海上で、 毎年8月の第1または第2土曜日に開催される、 神戸の夜空を彩る夏の風物詩。   大切な人と一緒に見て、 …

いこまどんどこ祭り納涼花火2022の日程と場所!おすすめの穴場は?

  奈良県生駒市のイメージキャラクタ-である 「たけまるくん」をご存じの方も多いと思います。   たけまるくんに触れると元気になり、 スポンサードリンク 良いこともあると言われてい …