さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

気象庁が梅雨明け宣言をしない意外な理由とその基準とは!?

投稿日:2018年3月7日 更新日:


梅雨の間は毎日のように雨が降って、

じめじめとすっきりしませんよね?

 

洗濯物もなかなか乾かないし、

カラッと晴れる日が待ち遠しく思えます。

 

そんな中、数日晴れの日が続いたら

「あれ?もう梅雨明け宣言したのかな?」と期待します。

 

でも、気象庁は

毎年梅雨明けの宣言はしていないってご存知でしたか?

 

梅雨明けの判断は、

毎年気象庁が業務の一環として行っているのは事実ですが、

「宣言」をしているわけではありません。

 

「宣言」というと明確に確定しているという印象ですよね。

 

でも梅雨明けは

それほど明確に断定できるものではないのです。

 

これは梅雨入りについても同じことが言えます。

 

「梅雨明けの発表をしていたはずなのに、また雨が…」という

経験はありませんか?

 

そのことからも分かるように、

梅雨明けの判断というのは気象庁を以てしても非常に難しいのですね。

 

スポンサードリンク

なぜ梅雨明けの発表が梅雨明け宣言と捉えられるようになった?

 

気象庁が梅雨入りや梅雨明けの

発表をするようになったのは1964年。

 

当時は「おしらせ」という形で発表していましたが、

それが新聞で報じられたときに

「梅雨明け宣言」と書かれてしまいました。

 

それがきっかけで「梅雨明け」と「宣言」がリンクし、

気象庁の意思に反して、より断定的なものというイメージを

人々に植え付けてしまったようです。

 

その後気象庁は、1986年に「気象情報」として

「梅雨の入り・明けに関する地方気象情報」を発表することを

業務の一環としました。

 

「おしらせ」よりも正式なものとなったのです。

 

1995年以降は、「梅雨入り・明け」は

数日の幅を持たせて表現するようになりました。

 

梅雨明けの基準ってなに?

 

そんな曖昧な梅雨明けですが、

その基準は次の通りとなっています。

スポンサードリンク

 

雨が2日以上続いていたあと前日と本日が晴れで、

さらに週間天気予報で5日以上が晴れ、

そして梅雨前線が北上して戻ってこないと判断される場合です。

 

例年7月中旬~下旬ごろに梅雨明けが発表されています。

 

しかしこれはあくまで予測なので、

100%確実なものではありません。

 

梅雨明け発表した後に、

予想が外れてクレームがくるということも多いようです。

 

過去には予想が思い切り外れてしまい、

梅雨明け発表後に訂正をしたこともあります。

 

なぜこんなに曖昧な予測なのでしょうか?

 

それは、梅雨前線の特徴でもある、

「雨雲の範囲が狭い」ということと、

 

「南北方向の動きが定まりにくい」ということが

関係しています。

 

梅雨前線は普通の雨雲とは全く違うので、

梅雨時期の天気の判断も必然的に難しくなるようです。

 

梅雨入りや梅雨明けが確定するのはいつ?

 

最終的に梅雨入りや梅雨明けが確定するのは、

梅雨の時期がだいぶ過ぎてからになります。

 

実際の天気から総合的に検討して、

例年9月頃に気象庁が発表しています。

 

梅雨が終わっていしばらく経ってから

「この日が梅雨入り・明けでした」と

発表するわけです。

 

これは統計値としての利用が目的なので、

一般の人にとってはさほど必要のない情報かもしれません。

 

また、これまで「梅雨入り・明け」が

特定できない年もありました。

 

その年は梅雨明けの発表もしないまま夏を迎えています。

 

ちなみに、梅雨明けの検討や発表は

「立秋」(8月7日ごろ)の2日先までを期限としており、

 

もし「立秋」以降も判断が難しい場合は、

梅雨明けを特定しないのが原則となっています。

 

まとめ

 

はっきりと気象庁から「梅雨明け宣言」をしてもらえるなら、

安心して傘を置いて外出できますよね?

 

でも、梅雨明けはそう簡単に判断できません。

 

梅雨入りも梅雨明けも、

気象庁の発表は100%ではないということを

きちんと理解して

参考程度にとどめるようにしましょう。

 

そうすれば、

「梅雨明け宣言してたのに雨が降ってきた!」という

失敗はなくなるはずですよ!

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスマスローズの苗の選び方と初心者のための育て方のポイント!

  お店や花壇などでクリスマスローズを見ると、 自分で育ててみたいなと思った事はありませんか?   自分の家の庭やベランダに咲いていたら素敵だなあと思っていても、 スポンサードリン …

紫外線対策の帽子は色によって効果が変わる!完全に防御する為には!?

紫外線対策は今や常識となっていますね。   日差しが強い夏だけではなく、 曇りの日や春先にも紫外線は降り注いでいます。   紫外線を浴び続けると日焼けするのはもちろん、 シミやしわ …

友達の子供へのちょっとしたプレゼント!5歳の女の子へのおすすめ8選

  友達の家に招待されたとき、 そこのお家にお子さんがいることを知っていたら、   何か手土産を持って行った方が良いかな? と思いますよね。   私も、旧友が自分の家をわ …

修学旅行の持ち物で女子高生に必要な物と女子力アップのアイテム!?

高校生になって修学旅行は楽しみの一つですよね。 スポンサードリンク もう少しで修学旅行なんだけど、荷物ってこれでいいのかなあって不安になりますよね。 しおりに書いてあるもの以外にも、持って行ったら便利 …

入学祝いのお返しはいらないと言うのは嘘!?必要な場合はどんな時?

  春といえば新生活が始まり入学の季節ですね。   入園や入学、進学などがあり、 お祝いムードになりますね。   入学となると親戚や身内から、 入学祝いをいただく事が多い …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。