さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

ニット帽が小さいので伸ばすことが出来る裏技的な方法とは!?

投稿日:

 

購入したニット帽のサイズが合わないことがありますよね。

 

他の帽子のサイズと同じものを購入したのに、

普段使用している帽子よりも少しだけ小さく感じる事があります。

 

また、試着時はぴったりのサイズのニット帽を選んだのに、

購入する際に同じ商品ですが、

 

お店の奥から出して貰った物を購入したら、

サイズが違う気がする・・・なんてこともあるでしょう。

 

なかには、ニットは伸びる素材なので、

伸びることを前提に、

小さめのニット帽を購入されている方もいるかも知れませんね。

 

このように小さめのニット帽を

すぐに伸ばして使用したいという方のために、

今回はニット帽を伸ばす方法やコツをご紹介していきます。

 

サイズを間違えてしまってニット帽をどうにか伸ばせないか?

と考えている方や、

すぐにニット帽を伸ばしたい方は是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ニット帽が小さいときに伸ばす方法

 

ニットは、元々伸び縮みする素材となっています。

 

糸で輪を作りながら編まれた素材で、

伸縮性があるため多少サイズが合わない程度なら

サイズを合わせることが可能です。

 

また、編み方によって伸びやすい物と、

そうでない伸びにくい物があります。

 

比較的太めの糸で、

ざっくりと編まれているニット帽の方が伸ばしやすいです。

 

素材自体が伸びやすいのは、

ポリウレタン素材です。

 

同じサイズのニット帽でもサイズが違うことがあります。

 

何度か使用を繰り返す事で、

ニット帽は伸ばす事ができます。

 

試着用のニット帽は何度か使用されてるものなので、

伸びている状態のことがあります。

 

ニット帽をすぐに伸ばす方法は、

洗濯をして伸ばす方法があります。

 

洗濯を行なって、

ニットのセーターが伸びてしまった経験がある方なら、

 

洗濯を行なうと、

ニットが伸びるというイメージがしやすいでしょう。

 

伸縮性があるのでニットの素材の特徴によっては、

縮んでしまう恐れがあります。

 

普通に洗濯を行なってしまうと、

伸ばそうと思っていたのに縮んでしまったという事態になりかねません。

スポンサードリンク

 

繊維が絡み合って縮んでしまう事を防ぐために、

手洗いで優しく洗濯を行ないましょう。

 

手洗い後、軽く脱水やタオルドライを行ない、

手で引っ張って、ニット帽を伸ばしましょう。

 

ニット素材は洗濯後、

一定の方向へ引っ張り続けるとその形状を保ちます。

 

型崩れを防ぎながら、

頭にフィットするようにさまざまな方向へ伸ばして乾かすと、

小さいニット帽を頭のサイズに伸ばす事ができます。

 

しかし、頭のサイズに伸ばし続けているのは大変なので、

あらかじめ頭の形状を保てる物を用意して置きましょう。

 

例えば、ボールやヘルメットなどがおすすめです。

 

このような物に、かぶせて乾かす事で、

ニット帽をある程度伸ばすことができます。

 

アクリルニット帽を伸ばすコツは?

アクリル素材は、水に濡れると伸びやすくなります。

 

伸ばすコツは、一度水に濡らして、

濡れている状態で伸ばして乾燥させることです。

 

ウール素材の場合には、

あまり温度の低い水を使用して洗濯を行なうと、

縮んでしまうので注意してください。

 

アクリルのニット帽は毛玉が出来やすいので、

着用後はブラッシングを行なうなどの手入れを行なうことで

毛玉の予防に繋がります。

 

また、洗濯などにより縮んでしまったニット帽を元に戻すためには、

スチームアイロンを使用するのがおすすめです。

 

ニット帽を伸ばしながら、

スチームアイロンをニット帽に直接触れないように

少し浮かせながら掛けましょう。

 

大きな範囲を一回で伸ばそうとすると失敗しやすいので、

時間は掛かりますが少しの範囲を丁寧に伸ばしながら行なってください。

 

他にも、シリコン配合やジメチコンという成分が入った

ヘアトリートメントにつけ置きして、

 

軽く絞ってから伸ばして干すことで、

縮んだニットを戻す方法があります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ニット帽が少しキツいなと感じる方は、

ニット帽を伸ばす方法を試してみてください。

 

サイズの合ったニット帽を取り入れたお洒落を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寒い冬にこたつから出るための方法3選!誘惑に勝つにはコレしかない!?

  寒い冬に、「寒〜い」と言いながらこたつでぬくぬく暖まると、 スポンサードリンク 格別な幸せを感じます。   そんな、幸せのかたまりのようなこたつに、 一度どっぷり入ってしまうと …

スライムが髪の毛についた時の取り方の1番簡単な方法!服の場合は?

  みなさん、スライムってご存知ですか?   半固体をした物体で、ゼリーのような弾力と湿った感触、 べたつかないさわり心地が特徴のおもちゃです。   駄菓子屋さんの商品と …

年賀状の消印がない理由が意外だった!!押されるのはいつから?

みなさんは、年賀状に消印がないのを知っていますか? スポンサードリンク   なかには年賀状に消印がないので、 疑問に思って調べているという方もいるでしょう。   もしかして、家のだ …

薄手のニットの洗濯頻度!!何回着たら洗うのがベストなのかを徹底解説

  スポンサードリンク 薄手のニットの洗濯って、 みなさんどうしていますか?   肌の上に直接着るものではないため、 1〜2回の着用では洗わないという人も多いと思います。 &nbs …

急な雪でも安心!靴の滑り止めの代用にすぐに使えるおすすめの物とは!

最近寒くなってきましたね。   夏は酷暑と言われていましたが、 スポンサードリンク 季節はいつのまにか肌寒い季節になりました。   今年の冬は暖冬だと言われていますが、 暖冬と言っ …