さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

灘のけんか祭り2018年の日程!今年は怪我人が出るほど危険!?

投稿日:2018年6月22日 更新日:


灘のけんか祭りとは、

兵庫県姫路市白浜町の松原八幡神社で行われる

秋季例大祭で、

「妻鹿のけんか祭り」とも呼ばれています。

 

全国各地にある「けんか祭り」の中でも

最大規模の祭りで

「天下の奇祭」として

播磨を代表する祭りとして有名です。

 

今回は灘のけんか祭りについて紹介いたします。

スポンサードリンク

灘のけんか祭り2018年の日程

灘のけんか祭りは、

毎年10月14日、15日に行われます。

 

「一の丸」「ニの丸」「三の丸」と呼ばれる

3基の神輿をぶつけ合わせる神事と、

旧7ヶ村の豪華絢爛な屋台が激しく練り競う

「屋台練り」が行われます。

 

そして、

「松原八幡神社秋季例祭風流」として、

姫路市と兵庫県の

重要無形文化財に指定されています。

 

また、

旧松原村の獅子屋台の太鼓の音は

「日本の音風景100選」にも選ばれています。

 

10月14日の宵宮では、

東山・木場・松原・八家・妻鹿・宇佐崎・中村の順番に

旧7ヶ村の屋台が神社に宮入りをして、

 

各村の屋台同士が練り競う

「練り合わせ」(屋台がぶつかり合う事)

が行われます。

 

10月15日の本宮では、

早朝の「露払い」から始まります。

 

獅子壇尻が

松原神社の境内で

清めの儀式を行いお祓いを受けます。

 

その後、

練り場と呼ばれる

御旅山麓の広畠で清めの儀式を行います。

 

屋台が順番に宮入りをし、

決められた位置につくと、

神が宿った3基の神輿を担ぎ上げて

拝殿前で激しくぶつけ合う神事が行われます。

 

灘のけんか祭りの歴史は古く、

松原八幡神社で行われていた例祭の

「放生会」が始まりだと言われています。

 

放生会とは、

11世紀~12世紀頃、

平安時代中頃~鎌倉時代始めの頃に

生類保護や殺生禁止の意味で

捕らえられた生き物を

自由に解き放すという儀式です。

 

江戸時代頃になると、

村々でだんじりや屋台を作り、

祭事に参加するようになった事で

豪華絢爛な屋台がメインのお祭りへと

なっていったようです。

灘のけんか祭りは怪我人が出るほど危険!?

灘のけんか祭りは

スポンサードリンク

「エイヤサー! ヨイヤサー!」の掛け声と共に

300kgもの神輿が激しくぶつかり合います。

 

そのため、

過去には死亡事故もあるほどの

激しい祭りだと言われています。

 

灘のけんか祭りでは

神輿同士が激しくぶつかり合うことで、

神輿が壊れれば壊れるほど神様が喜ぶ

と言われており、

神輿の担ぎ手が命懸けでぶつかり合います。

 

神輿はバランスを崩して倒れやすく、

担ぎ手が屋台に挟まってしまったり、

下敷きになったりする可能性が大いにあるのです。

 

そのため、

とても迫力のある祭りなのですが、

観光をする際にも危険を伴います。

 

まず、

絶対に神輿や屋台に近づかないこと!

 

そして、

祭りの最中は人混みや混雑で

押しつぶされないように、

特に小さな子連れの場合は注意してください。

 

灘のけんか祭りの安全な見学スポットはココ!

基本的に屋台に近づかなければ

安全に見学する事が出来ますが、

「松原八幡神社の楼門の前」がオススメです。

 

宵宮と本宮ともに

迫力満点の練り合わせを

間近で見ることが出来ます。

 

そして、

「松原八幡神社の境内」では、

3基の神輿と7台の屋台が揃うスポットになりますが、

スペースが限られているので

早めの場所取りが必要になります。

 

さらに、

一番人気なのは

御旅山山麓での練り合いです。

 

御旅山は

標高が100mほどの小高い山ですが、

斜面が段々になっているので

毎年15万人ほどの人が集まります。

 

日が暮れて暗くなってくると

各屋台に電飾が灯って、

お昼の時とはまた違った

華やいだ雰囲気になります。

 

しかし、

御旅山には借り主から招待を受けないと、

一般の観光客は入ることができません。



場所によっては

「有料桟敷席」もありますが、

一般に販売はされておらず、

地域の知り合いがいないと

入手が困難だと言われています。

 

まとめ

灘のけんか祭りの当日は、

学校や仕事が休みになるほど

地域の方は祭りに対しては熱くなります。

 

祭りにかける強い熱意や想いを、

ぜひ間近に感じてみてください。

 

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

父の日と母の日が合同のお祝いでも喜んでもらえるポイントのまとめ!

スポンサードリンク 毎年、母の日は5月、父の日は6月にあり親に感謝をする日です。 それぞれの日に何かをプレゼントするのが一般的かもしれませんが、短期間しか間がないのでプレゼント選びに悩みますよね? そ …

東京タワーさんま祭り2018完全攻略!確実にさんまをゲットする!?

東京タワーでは2009年から毎年行われている秋のイベント【三陸・大船渡東京タワーさんま祭り】があります。 秋分の日に開催され、秋の味覚を堪能できます! 岩手県の大船渡港から水揚げされたさんまを、大船渡 …

【地元民が語る】瀬戸物祭り2018の日程と駐車場の穴場や購入時のコツ

瀬戸物祭りは、愛知県瀬戸市で行なわれます。約200店舗のお店が並び、全国最大規模のせともの市となっています。 スポンサードリンク 多彩なせとものが、お値打ち価格で販売されるため、毎年たくさんの人が訪れ …

地元民が教える!!小牧平成夏祭りのおすすめの屋台情報や駐車場事情

「小牧平成夏祭り」は、愛知県小牧市で毎年7月下旬に行われているお祭りです。 スポンサードリンク 平成元年に第一回大会が開始されて以降、一度も休むことなく続けられて来たこのお祭りですが、平成ラストの年と …

【地元民が語る】岸和田だんじり宮入の意味!!時間と穴場も徹底解説

大阪で秋のお祭りといえば「だんじり」。 スポンサードリンク 関東方面の方には、あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、「岸和田だんじり祭り」といえば、聞いたことがある方も多いでしょう。 今や全国にも知 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。