さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

家事・育児

5カ月の赤ちゃんに冬服は何枚必要?おすすめの服装と着せ方のコツ!

投稿日:

 

この間生まれたと思っていた赤ちゃんも、

気が付けばもう5カ月。

 

寝てばかりいたころとは違い、体つきもしっかりしてきて首が据わり、

早い子ではゴロンと寝がえりをしているという赤ちゃんもいるでしょう。

 

そろそろ離乳食を始めようかと考えているママもいると思います。

 

大変微笑ましい成長ですが、初めてのお子さんなら

その季節に合わせてどんな服装をさせるべきか悩みますよね。

 

二人目や三人目というお家でも、慌ただしく育児をこなしている中で、

お兄ちゃんやお姉ちゃんの時にどうしていたか、

すっかり忘れてしまったということは決して珍しくありません。

 

夏には着せすぎるとあせもができて、

薄着だと冷房で風邪を引いたりしますよね。

 

冬は反対に、薄着では寒くて体調を崩し、

厚着では暖房の効いた部屋で大量に汗をかいてしまいます。

 

これは、赤ちゃんがまだ体温調節を司る自律神経が未発達で、

大人と気温の感じ方が違うことに原因があります。

 

とはいえ、赤ちゃんは「暑い」「寒い」など、

お喋りで自分の気持ちを伝えることが出来ないので、

大人が注意して赤ちゃんの様子の変化を見ておく必要があります。

 

冬の場合、寒い思いをさせるのはかわいそうだから…と、

服を着せすぎていることが多いです。

 

大人よりも体内の水分量が多いため、

赤ちゃんはとても汗っかき。

 

大人より随分小さい体で、

大人の約2倍の量の汗をかくと言われています。

 

汗をかいたままではあせもができてしまうし、

汗をかいた状態で気温の低い場所に行けば風邪を引いてしまいます。

 

難しく思える赤ちゃんの服装ですが、

いくつかポイントを知っておけば快適に冬を過ごすことができますよ。

 

今回はそんな5カ月の赤ちゃんの冬の服装について解説していきます!

スポンサードリンク

5カ月の赤ちゃんの冬の服装の必要な枚数は?

 

汗をかいていないか、寒そうにしていないかということを

こまめにチェックしていても、

やはり他のママが赤ちゃんにどんな服装をさせているのか気になりますよね。

 

大体の目安として、室内で過ごす時の服装と、

お出掛け時の服装をご紹介していきます。

 

暖房が効いた屋内の部屋で過ごす場合は、

〇暖かい素材のボディ肌着(長袖または半袖)

〇暖かい素材のカバーオール

〇調節用のベスト

の三枚を組み合わせると良いでしょう。

スポンサードリンク

 

腕が出ていて動きやすいベストは、

室内が肌寒い場合に調節のためにあるととても便利です。

 

大きめサイズでもさほど見た目に分からないベストなら、

年の冬にも着せることができるので、一枚持っておくと安心ですね。

 

次に、お出掛けをする時の服装です。

 

〇暖かい素材のボディ肌着(長袖または半袖)

〇暖かい素材のボディオール

〇ジャンプスーツや靴下

 

屋内で過ごす時との違いは、一番上に羽織るものが分厚く、

しっかり防寒できるものだということです。

 

これなら、寒い屋外から暖房が効いた屋内に入っても、

ジャンプスーツを脱がせるだけで済みますね。

 

屋内・屋外、どちらも共通することは

「大人よりも一枚少なく着せる」ということ。

 

分からない時にはこれを基準にして考えれば、

難しく考えなくても大丈夫ですよ。

 

赤ちゃんの冬服の着せ方のコツとは!

 

手足が冷たいと「もっと着せてあげないと!」と思わず心配になりますが、

手足だけで判断して上着を着せると汗をかく場合があります。

 

手足だけではなく、お腹や背中も確認してみましょう。

 

服の中に手を入れてみて、

赤ちゃんの肌に温もりがあるならちょうど良い状態にあります。

 

また、「裸足は寒いかもしれないから」と

屋内で靴下をはかせたくなることもあるかもしれません。

 

しかし、大人と赤ちゃんでは気温の感じ方が違います。

 

大人が肌寒いと思う環境が、

体温の高い赤ちゃんにとってはちょうど良いのです。

 

そのため、屋内では靴下を履かせず、

素足で過ごす方がおすすめです。

 

今はまだゴロゴロとするだけでも、

いずれ立ち上がり、歩く時期がやってきます。

 

足の裏にはいらない熱を逃がす効果もあるだけでなく、

素足で立つことでバランス感覚が身に付くというメリットもありますよ。

 

体温調節がまだ上手にできない赤ちゃんは、

服装だけでなく防寒グッズも活用することで

冬のお出掛けが快適になります。

 

まだマフラーや手袋などは出来ませんから、

抱っこ紐なら全体を覆うような抱っこ紐用のケープを、

ベビーカーなら寒くないようにひざ掛けやフットマフを用意しておくと安心です。

 

まとめ

 

5カ月の赤ちゃんの冬の服装は、

とにかく着せすぎに注意することです。

 

親心から寒くないようにとついつい何枚も着せてしまいますが、

それがかえって赤ちゃんの体調を崩すことにもつながります。

 

薄着を心がけて、

可愛い赤ちゃんと快適な冬を過ごしてください。

スポンサードリンク

-家事・育児
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そろばんを子供に習わす効果!メリットは大きいがデメリットもある!?

子供に「友達が通っている、そろばんに通ってみたい!」 と言われて、   どうしようかな~と思っている方や、 近くにそろばん教室があるので、 子供に習わせてみようかなと悩まれている方もいるので …

保育園のお迎えに間に合わない時のベストな対処法!遅れる時の対策は?

保育園に子どもを預けているママだからといって、 スポンサードリンク 仕事を決まった時間に切り上げることができるかというと、 なかなかそうもいきませんよね。   できれば余裕を持ってお迎えに行 …

保育園での子供同士のトラブルの親の正しい対応!乱暴な子がいる時は?

  保育園で初めての集団生活が始まると、 これまでママと家で過ごしていた時からは 考えられないような出来事がたくさん起こります。   ママと離れるのが寂しくてずっと泣いていた子が、 …

知らなきゃ危険!?スマホを子供に持たせるのは何歳から?

近年スマホを持つ年齢も どんどん低年齢化しており、 小学生がスマホを扱っている光景も そう珍しくありません。   子供を持つ親としては、 スマホを通じたトラブルや有害サイトなど、 スポンサー …

忙しい主婦は必見!!仕事と家事で大変でもストレスなく過ごす方法!

  『仕事と家事の両立』なんて、 誰が言い出したんだろう。 女性が社会に出て働くのが当たり前の世の中で、 “家事は女性がやるもの”という偏見が いつまでもなくならないのは、 本当に不思議なこ …