さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

カップラーメンの熱湯は何度が適正!?間違ってぬるいお湯を入れたら?

投稿日:

 

カップラーメンを作るときにまず必要なのが「熱湯」です。

 

蓋を半分開けて、内側の線まで熱湯を注ぎ、

蓋をもどして3分待つ…というのがカップラーメンのセオリーですよね。

 

しかし、沸かしたと思っていたら実はケトルのコードが外れていて、

気付かずにそのまま、

ぬるいお湯を注いでしまったという経験はありませんか?

 

湯気が立っていないと気付いたときには

もう遅いんですよね。

 

こんな時、一体どうしたら良いのでしょう。

スポンサードリンク

カップラーメンに使う熱湯は何度?

 

カップラーメンの作り方の説明には

「熱湯を注ぐ」と必ず書いてあります。

 

熱いお湯なら、ポットの保温状態のお湯を

そのまま注げば良いのでしょうか?

 

実は60~85℃に保たれた保温湯では、

3分間では麺が美味しく戻りません。

 

まだ固いからと言って時間を伸ばすと、

芯が残っているのに麺の表面だけふやけてしまって、

一番おいしい状態とは言いづらいです。

 

もちろんそれでも食べることはできますが、

やはり最も美味しくカップラーメンを作るには

沸騰したてのお湯を注ぐのが一番です。

 

保温湯であれば、再沸騰させて注ぐようにしましょう。

 

結局、説明通りに作るのが一番美味しいということですね!

 

カップラーメンに使えるお湯の最低温度は!?

 

カップラーメンといえば熱湯で作るイメージですが、

先に述べた通り美味しいかどうかはさておき、

低い温度のお湯でも時間をかければ作ることができます。

 

それだけでなく、

昨今注目されているのが「水で作る冷やしカップラーメン」

 

これは、ガスや電気が使えない災害時の非常食として使えるとあって、

実際に試す人が続出しています。

 

カップラーメンを出している食品会社も、

こぞって冷やしカップラーメンを推奨しています。

スポンサードリンク

 

夏にはあえて氷を入れて冷やして食べる調理法を公開しており、

これはもはや食品会社公認の作り方となっています。

 

つまり、カップラーメンに使えるお湯の最低温度は、

お湯でなくもはや「水」ということです。

 

作り方も、水を注いで各カップラーメンに応じて、

15分~30分待つだけととても簡単です。

 

予想外の美味しさにハマる人も多いので、

暑くなる夏場にはもちろん、

災害などの火常時に備えて一度試してみてください。

 

カップラーメンに入れたお湯がぬるかった時はどうする?

 

もし間違ってぬるいお湯を入れてしまった場合、

そこからリカバリーする方法はあるのでしょうか。

 

ぬるいまま食べても美味しくないのは

易に想像がつきますよね。

 

しかし、ぬるいお湯を注いでしまっても、

美味しく食べる方法がいくつかあります。

 

一つ目は、カップラーメンの中身を

鍋に移し替えて加熱するという方法です。

 

そこまで量も多くないので、鍋で直接加熱すれば

すぐに沸騰して麺も良い具合になるので時短でもあります。

 

何より、ぬるいまま食べるよりも断然美味しく仕上がりますよ。

 

二つ目は、レンジ可の耐熱容器に移し替えて、

電子レンジで加熱する方法です。

 

1~2分ほど加熱して、麺が固ければちょうど良い固さになるまで、

そのまま少し待ちましょう。

 

間違ってもカップラーメンの元々の容器のまま加熱してはいけません。

 

火花が出て火事の原因になるので、

耐熱容器に入れ替えるのだけはお忘れなく。

 

どちらもとても簡単ですが、

自宅でのみ可能な方法です。

 

万が一それが出先や勤務先だった場合は、

粉末スープを入れる前なら急いでぬるいお湯を捨てて

熱湯を注ぐと良いでしょう。

 

既に粉末スープを入れてしまったという時は、

ぬるいお湯に少しでも熱湯を継ぎ足してスープの温度を上げましょう。

 

まとめ

 

カップラーメンは、熱湯を注ぐのが

最も美味しく仕上がるということが分かりました。

 

ぬるいお湯や水でも作ることはできますが、

もし熱々で美味しいカップラーメンを食べたいのであれば、

今回ご紹介した

「鍋で煮る方法」や「レンジ加熱する方法」を試してみてくださいね。

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽毛布団と普通の布団の違い!?メリットとデメリットや購入時の選び方

冬が近づくにつれ実感されることですが、 お布団の基本的な役割といえばやはり保温性です。   寝ている間に身体から出る熱を逃がさないように、 スポンサードリンク 良質な掛け布団でしっかりフタを …

カイロを洗濯して破れた時の対処法!洗濯機の掃除方法と衣類のシミは?

寒い季節になってくると手放せないのが使い捨てカイロですよね。   衣類に貼って腰やお腹を温めたり、 ポッケに入れておいて寒いときに手を温めたりととても便利ですよね。   そんなカイ …

小学校の運動会の場所取り方法!良い位置を取るコツと便利な道具とは?

小学校の運動会といえば、 場所取りに頭を悩ますお母さんも多いと思います。   忙しい当日の朝ですが、 お子さんの頑張る姿を間近で見るためにも 絶対にいい場所を確保したいところですね。 &nb …

学校が休みになる警報とは!大雨洪水警報では休校にならない!?

台風の季節になると、 大雨警報や洪水警報が発表されることが多くなりますね。   仕事をしている方の多くは、 警報が出ようが出まいが関係なく出勤しなければなりませんが、 スポンサードリンク 学 …

エアコンから黒い塊が落ちてくる時の掃除は自分では不可能!?

  スポンサードリンク 『数ヶ月ぶりにエアコンをつけたら黒い塊が落ちて来た』 こんな経験をしたことのある方はいませんか?   使わない時期に掃除もしないで放っておくと、 いつのまに …