さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

家事・育児

洗濯物の生乾きの臭いが取れない!?そんな梅雨時のお悩み解決策!

投稿日:


外に出かけてふとした時に『ぷ~ん…』と嫌な臭いが自分からしてきたことってありませんか?

最近ではいろいろないい匂いの洗剤や柔軟剤などがありますが、それでも衣類から嫌な臭いがしてしまうことがあります。

それが特に多いのが梅雨のシーズンです。

臭いの原因は【雑菌】です!!そんな雑菌をどうすれば殺菌でき、臭いをなくすことができるのでしょうか。

今回はそんな生乾きの臭いの対処の仕方を紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

生乾きの臭いを消す方法とは?

上でも言った通り臭いの原因は雑菌です。ですので、その雑菌を殺菌すればいいんですが、方法は時と場合によって違ってきます。

すぐにその服を着て出掛けたい場合など、今着た服が臭ってしまっている場合は除菌スプレーしかありません。ファブリーズやリセッシュなどの除菌スプレーです。

多めに振って風通しの良いところに数分かけておけば乾き、とりあえず臭いはほとんど消えるでしょう。

しかし洗濯機で回す場合は、気をつけたいポイントがいくつかあります。

洗濯するときのポイント

①洗濯層に洗濯物をためない
洗濯層の中に何日もためておくと菌が繁殖してしまい、生乾き臭が出てきてしまいます。2、3日でも洗濯が出来ないのであればカゴに入れておくようにしましょう!

洗濯層より通気性がよく菌の繁殖も少しはマシになります。

②洗濯機にいっぱいに入れて洗濯しない
洗濯する際、満タンで洗濯しないようにしましょう。

洗濯物の汚れがあまり落ちず服に菌が残ってしまい生乾き臭の原因になりますので、最高でも8割ぐらいの量で洗濯するようにしたほうがいいでしょう!

③洗ったらすぐ干し、洗濯物の間隔をあける
濡れている時間が長ければ長いほど菌が繁殖してしまい、生乾き臭がしてしまうので洗濯機を回したらすぐに干し、乾きがよくなるように洗濯物の間隔をあけましょう!

※さらに除湿器や扇風機など利用するといいですよ。

スポンサードリンク

④一度、洗濯機を洗浄する
ホームセンターやドラックストアなどでも売っているような洗濯層を洗う薬品もありますし、酸素系漂白剤を使って洗濯層を洗浄してみてください。

急いで干しても、気をつけてても臭いが付く場合は洗濯層に菌が繁殖してしまって洗濯物が生乾き臭がしてしまっている可能性もあります。

こちらは1ヶ月に1度ぐらいはしてもいいですよ。

⑤生乾き臭に強い洗剤を使う
部屋干し用の洗剤などは生乾き臭に強いので、そういった洗剤を選ぶのもいいと思います!

《生乾き臭がもうついてしまっている場合》

生乾き臭がもう洗濯物のついてしまっている場合はどうすればいいのでしょうか。一度ついてしまうと同じように洗ったぐらいでは取れないことも多いんです…。

●お湯につけてから洗濯する
お風呂より少し熱めのお湯に約30分ぐらいつけて洗濯すると、お湯で悪臭菌を死滅することが出来るので臭いが取れます。しかし、衣類によってはお湯につけないほうがいいものもあるので注意してくださいね。

●上と同じですが生乾き臭に強い洗剤を使う
臭いがついてしまってからでも生乾き臭に強い洗剤を使って洗濯すれば臭いを落としてくれます。

生乾きの臭いには重曹が効果的!?

いろいろ工夫しても臭いが残ってしまっている場合などは、『重曹を使って洗濯すると効果的です』しかし、なぜ重曹で生乾き臭に効果的なのでしょう?

重曹は、塩と石灰が主成分で弱アルカリ性の性質を持っています。衣類に付いた臭いのもととなる皮脂や汗は酸性なので重曹で中和され臭いが取れるんです!!

《重曹の量の配分》
10リットルの水に対して大さじ1杯の重曹を目安にしてください。

30リットルぐらいは洗濯で水を使うので大さじ3杯の重曹で洗濯してください。

洗剤のように泡もたたないので、すすぎは1回ですることもできます!

《さらに重曹を効果的にするには》
さらに 重曹の効果を引き上げるにはぬるま湯(約30度ぐらい)を使うとさらに効果的になります!

あまりにも酷い取れない臭いにはこちらを試してみてください。

※注意点
洗濯機によって重曹が使えないとされている洗濯機もあるので確かめてみてください。ドラム式で使えないものがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

梅雨の時期になるとどうしても部屋干しが増え湿度も上がるので乾きが遅くなり、生乾き臭がしてしまいます…。

カラッと晴れた日に外に干すのも殺菌効果ありますが雨が多いとせっかくのお気に入りの衣類が臭ってしまうこともありショックですよね。

そんなときはぜひ一度、記事の内容を試してみてください!

スポンサードリンク

-家事・育児
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

衣替えの最重要ポイント!洗濯したはずの夏物にもダニが発生する!?

四季豊かな日本の風物詩、「衣替え」。   「いよいよ夏が来るぞ~!」 「そろそろ寒くなってきたな~」 そうして季節の移り変わりを感じながら、 スポンサードリンク 日本人らしい情緒が育まれた大 …

初めての保育園の運動会!!持参必須の持ち物をリストでチェック!

運動会は 親子で楽しむことのできる一大イベントですよね。   それと同時に、 スポンサードリンク お子さんの成長を見ることのできる 貴重な機会でもあります。   せっかくの運動会、 …

子育ての難所!ついイライラしてしまう「魔の2歳児」との向き合い方

子供も赤ちゃんから少し大きくなり、一人で遊んでくれたり、ごはんも汚しながらも自分で食べてくれるようになったりして楽になってきたかな?と思ったら『魔の2歳児』がやってきます。 スポンサードリンク 人によ …

お母さん必見!保育園のお迎えに間に合わない時の対処法とは!

保育園に子どもを預けているママだからといって、仕事を決まった時間に切り上げることができるかというと、なかなかそうもいきませんよね。 スポンサードリンク できれば余裕を持ってお迎えに行きたいけれど、仕事 …

知らなきゃ危険!?スマホを子供に持たせるのは何歳から?

近年スマホを持つ年齢も どんどん低年齢化しており、 小学生がスマホを扱っている光景も そう珍しくありません。   子供を持つ親としては、 スマホを通じたトラブルや有害サイトなど、 スポンサー …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。