さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

大曲の花火の秘密情報!見るのは姫神公園が絶対におススメな理由!?

投稿日:2018年5月8日 更新日:


日本三大花火大会の一つの大曲の花火はとても有名です。

これから、大曲の花火をみに行こうという方は是非参考にしてみてください。

 

ちなみに、大曲の花火は、

「全国花火競技大会」のことをいいます。

 

秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園で行なわれていて、

とても大勢の人が訪れます。

 

訪れる人数は、およそ80万人以上になります。

 

毎年、毎年8月の第4土曜日に開催されており、

2018年の開催日程は8月25日です。

 

昼の部が17:30~18:15で、

夜の部18:50~21:30の時間です。

 

花火の競技大会なので、

選りすぐりの花火が見られることはもちろんですが、

 

この花火が「一番感動したから、優勝だな~。」や

「これはすごかった!」なんてどの花火が優勝するかを考え、

一緒にみる人と予想し合って楽しむのもいいですよ。

スポンサードリンク

会場まで最速に着くには?

 

花火大会当日は、とても混雑します。

 

大曲駅から会場まで歩いて30分くらいかかるのですが、

大曲駅から徒歩で会場へ向かう方法が、

最も早く会場に着くことが出来ます。

 

そのため、会場へ行き、音楽や花火を近くで見たい!

出店を楽しみたいという方は、

大曲駅から徒歩で向かうことをおすすめします。

 

それでもやっぱり「車で近くまで行きたい!」

「渋滞に巻き込まれても時間には余裕があるので大丈夫!」

「歩くのは絶対にいや、でも会場内まで行きたい!」という方は、

 

前日や、午前中の早い時間に到着して、

会場近くの駐車場に駐車するといいです。

 

しかし、帰りは行く時よりも大渋滞しますので、

旧大曲市内から出るだけで数時間かかるという覚悟はしておいてくださいね。

 

また、有料席を活用したい方は先着ではなく、

事前に抽選でのチケット購入となっています。

 

姫神公園が穴場スッポトの理由とは!

 

会場まで行かなくてもいいから花火を楽しみたいという方は、

スポンサードリンク

姫神公園がおすすめです。

 

姫神公園(ひめがみこうえん)は、

大仙市を一望出来るくらいの高台にあります。

 

花火会場よりも空いていて、あまり混まないので、

静かに花火を楽しむ事が出来ます。

 

会場からは少し遠いのですが、

花火全体がよく見えます。

 

また、会場アナウンスや音楽が聞こえるくらいの距離にあり、

トイレも整備された公園ですので、とても安心です。

 

車で行かないと困難な場所なのですが、

ドライブ花火デートにはもってこいの穴場ですよ。

 

姫神公園の駐車場情報

姫神公園には、20台の無料駐車場があります。

ですが、この駐車場からは花火は見えませんので注意してくださいね。

 

また花火大会当日は、

路上駐車や歩行者が多いので運転はいつも以上に気をつけてください。

 

持ち物

レジャーシート、タオル、ティッシュ、懐中電灯、

ゴミ袋、飲み物、雨具、虫除けスプレーはあると役立ちます。

 

荷物にはなりますが持って行くとても便利ですよ。

 

大曲駅周辺は普段、静かな場所で、

店舗や品揃えが80万人もの人数に対応していません。

 

なので、少し多いかなと思っても、行ってから購入しようとせずに、

必要かも知れない物は持って行く方が後々困らないです。

 

姫神公園以外の花火が見えるスポットは?

 

大曲中学校周辺

花火の打ち上げ場所から近いので、

打ち上げ花火鑑賞にはおすすめです。

 

しかし、鑑賞場所は農道のため、

地元の方でないと場所を確保するのは困難かも知れません。

 

仙北自動車学校付近の土手

会場の土手まで行けない人や混雑が苦手な方は、

少し遠いですがこちらの土手で鑑賞出来ます。

 

河川敷のキャンプエリア

車を止め、その場にテントを張ることが出来ます。

ゆっくり鑑賞したい方におすすめです。

 

大曲ファミリーキャンプ場

打ち上げ会場から離れていますが、

高台にあるので打ち上げ花火を楽しめます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

なかなか土地勘のない場所での花火鑑賞は、

事前準備が大変ですよね。

 

それでは様々な場所を紹介しましたが、

自分にぴったりな場所で大曲の花火を楽しんできていただけたら幸いです。

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いこまどんどこ祭り納涼花火2019の日程と場所!おすすめの穴場は?

奈良県生駒市のイメージキャラクタ-である 「たけまるくん」をご存じの方も多いと思います。   たけまるくんに触れると元気になり、 スポンサードリンク 良いこともあると言われていて大変人気があ …

ホワイトデーに振られた相手からのお返しが・・・これは社交辞令?

  3月14日はホワイトデーですね。   振られたのでお返しはないだろうと思っていたら、 振られた相手からホワイトデーのお返しを貰ったという方もいるのでないでしょうか。 &nbsp …

ゑぇじゃないか祭り2018のおすすめの見どころを地元民が伝授!!

「ゑぇじゃないか祭り」は 大阪府泉佐野市で毎年10月に行われている 「よさこい祭り」のイベントです。   2004年、 地元の財政難の危機に、 維新変革期の世直しを求めて民衆から発生した 「 …

みあれ祭り2018の日程と花火大会の見どころ!駐車場の裏事情とは!?

「みあれ祭り」は、福岡県宗像市で毎年10月1日に行われる、 航海安全・大漁祈願の祭礼です。 スポンサードリンク   全国的な知名度はまだまだ低いですが、 数百隻の漁船が一同に会し披露される海 …

2月の札幌への旅行準備!靴はブーツでも大丈夫!?おすすめの服装は?

北海道では、12月に入るともう雪景色が見られます。 スポンサードリンク 真冬の2月ともなれば、気温は氷点下、積雪も当たり前です。   氷点下の気温が普通なので、たまに1度とか2度になる日があ …