さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

支笏湖氷濤まつりの服装はどうする!?ライトアップ鑑賞に必須の装備!

投稿日:2018年9月24日 更新日:

 

北海道の支笏湖では毎年、

冬になると「支笏湖氷濤まつり」が開催されています。

 

支笏湖は、札幌から車で1時間ほど行ったところにある、

自然豊かな郊外の湖です。

 

ここに展示される氷のオブジェは、

夜には七色の光でカラフルにライトアップされ、

その幻想的な風景は祭りの見どころの一つとなっています。

 

今回は、支笏湖氷濤まつりに行くときのおすすめの服装や、

ライトアップ情報などをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

支笏湖氷濤まつりのライトアップの時間と服装のおすすめは?

 

支笏湖氷濤まつりは毎年1月末から2月中頃まで開催され、

開場は9時から22時まで、

ライトアップの時間は16時30分から22時までとなっています。

 

支笏湖氷濤まつりの詳しい内容やスケジュールは、

こちらの記事でも紹介していますよ!

支笏湖氷濤まつり観光の滞在時間!ライトアップと花火の時間は!?

 

支笏湖は、大昔、3万2千年前の火山活動によって生じたカルデラ湖で、

周辺の土地では野生動物も多く見られます。

 

湖の周囲は約42㎞、面積は78㎢、

最大深度は360メートル以上にもなります。

 

氷のオブジェは、この支笏湖の豊富な湖水を汲み上げて造られており、

小さいものでも三メートル以上の高さがあります。

 

会場に着くとまず「ウェルカムゲート」と言って、

10数メートル続く長い氷のトンネルが現れます。

 

そこをくぐって会場につくと、

やはり氷でつくられた「氷濤神社」や氷の滑り台「アイススライダー」

靴のまま滑って遊べる「チャイルドリンク」など、

 

大人も子供も楽しめる、

さまざまな種類の氷の施設が目の前に広がります。

 

つづく「氷の水族館」では、

支笏湖に生息する魚の展示が楽しめます。

 

さらに、支笏湖の名所の一つである苔の洞門を模してつくられた「氷の洞窟」や、

湖畔に突然現れる氷の壁「ビッグマウンテン」などなど楽しみは盛り沢山です。

 

ビッグマウンテンは、壁の中に入れるようになっており、

中は吹き抜けとなっており、

四方を10メートルほどの高さの壁で囲まれています。

 

見上げるとまるで自分が噴火口の底にいるような

不思議な感覚を味わいます。

 

最後は「支笏湖ブルーの池」とよばれる、

直径10メートルほどの観賞用の青い池です。

スポンサードリンク

 

昼間よりも、夜間のライトアップされた姿の方が断然綺麗なので、

見に行かれるなら夜がおすすめです。

 

このように広大な土地で、右も左も氷のオブジェに囲まれた、

まさに、“氷のお祭り”ですから会場は大変寒くなっています。

しっかりと着込んで行きましょう。

 

首元から冷たい空気が入って来ないよう、

マフラーをしっかり巻くことと、ニットの帽子や手袋、

耳当てなども暖かいのでおすすめです。

また滑りやすいので、

靴には滑り止めを付けて行きましょう。

 

あまり知られていないことですが、冬の北海道では市街地でも、

靴の裏に滑り止めを付けないで歩くのは危険とされています。

 

底に溝のあるスニーカーなら大丈夫ですが、

おしゃれな革靴など、底がつるんとしたものを履いて行かれる場合は、

靴底に取り付けるタイプの簡易な滑り止めを購入しましょう。

 

空港や駅の売店で買うことができます。

 

支笏湖氷濤まつりの屋台では暖かい物も!?

ひととおり祭りを楽しんだあとは、

会場の本部横に暖かい休憩所がありますので、

そこで暖をとりましょう。

 

自動販売機で温かい飲み物を飲んだり、

売店の豚汁や、温かいそば、うどん、肉まんなどの軽食をいただくこともできます。

 

期間中の土日だけ販売される「じゃがバター」が特におすすめです。

 

北海道のじゃがいもにバターを乗せて炭火で焼いた本格的なじゃがバターは、

大人にも子供にも大人気の一品です。

 

ぜひ、食べてみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

支笏湖氷濤まつりについて、

ライトアップ情報や服装の注意点などをご紹介してきました。

 

花火の詳細もご紹介している記事がありますので、

参考にしてください!

支笏湖氷濤まつり観光の滞在時間!ライトアップと花火の時間は!?

 

風邪を引かないように、

暖かい格好で行ってくださいね。

 

参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

土崎神明社の初詣のおすすめの参拝時間と駐車場や混雑回避の秘訣!

秋田県秋田市土崎地区にある「土崎神明社」。   古くから地域住人により愛され、公園が隣接されているなど、 憩いの場にもなっています。 スポンサードリンク   また、各種、祈祷や祈願 …

小川祇園祭2019の屋台情報とパレードの穴場を地元民が紹介!

茨城県小美玉市で開催される小川祇園祭は、 素鵞神社(そがじんじゃ)の祭事で、 1530年に園部城主によって始められました。   このお祭りは、 茨城県小美玉市指定無形民俗文化財に指定されてい …

いこ舞ひちそう夏まつり花火大会2019の日程と駐車場!見どころは?

  岐阜県中南部に位置する七宗町では、 毎年「いこ舞ひちそう夏まつり」が開催されています。   いこ舞には、「囲みにいこ舞」や「いこまい」、 スポンサードリンク 「いこうよ」、「l …

みなとこうべ海上花火大会の場所取りのコツと各穴場スポットの特徴!

みなとこうべ海上花火大会と言えば、 スポンサードリンク 兵庫県神戸市の神戸港の海上で、 毎年8月の第1または第2土曜日に開催される、 神戸の夜空を彩る夏の風物詩。   大切な人と一緒に見て、 …

仲田祭り2019の日程と見どころ!名古屋の商店街のおすすめの食べ物は?

  名古屋市千種区、地下鉄の池下という駅から 西に2分程徒歩で行った所の仲田という通りで、 スポンサードリンク 毎年7月の下旬に仲田祭りが開催されます。   名古屋で行なわれるさま …