さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

へそのごまの取り方!妊婦さんが奥までいくと危険って本当!?

投稿日:

 

ふとお腹を触ったときに、指に触れる「おへそのごま」。

 

普段、外から見える場所ではないけれど、

たまっているとなんとなく気になって、

取ってしまいたくなりますよね。

 

大きなごまがポロッ!と取れたときの感触の気持ちいいこと、、、

ずっとやりつづけてしまいます。

 

今回は、おへそのごまの効率的な取り方について、

ご紹介したいと思います!

 

昔は、おへそのごまを取りすぎると良くないとか言われていましたが、

ごまはようするに“垢”なので、取って悪いことはありません。

 

身体の他の部分と同じように、

おへそもきれいにしてあげてくださいね。

 

ではさっそく、見て行きましょう。

スポンサードリンク

へそのごまの取り方は油を使うのがベスト!?

ごまを取るのは悪いことではないと書きましたが、

ごまを取るために何回もしつこくおへその中をこすって、

おへそがヒリヒリすることがあります。

 

それは摩擦によって、おへその皮膚が傷ついているということなので、

そこまでいくと身体にはよくありません。

 

傷ついた部分からばい菌が入ったりして、

皮膚疾患にかかるおそれがあるからです。

 

ごまを取るときに、ただ指先でこするのではなくて、

油分と水分を足しながらやってあげると、その心配はなくなります。

 

使うものはベビーオイルと綿棒です。

両方とも、コンビニに売っているもので十分です。

 

ベビーオイルは、

女性の化粧水などを扱っているコーナーに置いてあります。

 

デパコスの何千円もする化粧用オイルでも何でも良いのですが、

スポンサードリンク

安いものの方が、水分が多めに配合されていて使いやすいので、

私はいつもベビーオイルです。

 

まず、てのひらにベビーオイルをたっぷり出して、

そのなかに綿棒の先をひたします。

 

ぽたぽたとオイルがたれるくらいにつけたら、

そのままおへその中へ持って行き、

ごまのところをくるくるとなでてください。

 

このときオイルが少なすぎたり、

一度に取ってやろうとあまり力を込めすぎたりすると皮膚をいためます。

 

「ちょっと多いかな?」と思うくらいのたっぷりめのオイルで、

ゆっくり、やさしくなでるくらいでちょうど良いです。

 

汚れがひどいときは、おへそに直接オイルをぬって、

しばらく放置してください。

 

そのうち汚れが浮き上がってきますので、

綿棒で汚れを巻き取るように、くるくるマッサージすると、

おへそのシワにたまったごまも、するっと簡単に取れます。

 

オイルは身体に残っていても大丈夫ですが、

気になるときはティッシュかコットンに水を含ませて軽くふきとります。

 

へそのごまを取るのは妊婦でも大丈夫?

妊娠中におへそをごそごそさわったら、

そのすぐ下にいる赤ちゃんに悪い影響があるのでは!?と、

不安な方もいると思います。

 

ですが、まったく問題ありませんので安心してください。

 

むしろ、お腹が大きくなってくるにつれ、

いつもは引っ込んでいるおへその奥が手前に出てきてくれるので、

おへその掃除がしやすくなります。

 

ごまを一掃するチャンスというわけです。

 

特に臨月にもなると、風であおられた傘のように、

おへその奥が完全に手前に来ますので、

 

この時期は、ただお風呂に入っているだけでも、

おおきいごまが自然にはがれ落ちたりします。

 

普段、けっして触れることのできない

おへその奥のごまがぺりっとはがれるさまは、

なかなか気持ちのよいものです。

 

まとめ

以上、おへそのごま取りについて

ご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

おへそも結局皮膚なので、

ふだんお肌のお手入れをするのと同じように、

やさしくいたわりながらケアしてあげることが大切です。

 

お肌の大好物は“うるおい”です。

 

週に1〜2回は、

たっぷりのオイルを使って、きれいにしてあげてくださいね。

 

参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

出産祝いの銀のスプーンに込められた意味とは!?いつ使う?

出産おめでとうございます! そして、出産お疲れ様でした。   私も間もなく出産を控えているので、 不安な気持ちもありますが楽しみな気持ちもあります。   まだ見ぬ我が子に早く出会い …

ハロウィン行事を保育園で行う!?その衝撃のねらいを保育士が語る!

  近年、日本でもイベントとして定着してきた「ハロウィン」。   何事も楽しいイベント=経済活動に導入するのが得意な日本人。 スポンサードリンク   クリスマス同様、こん …

浴衣の洗濯で色落ちしないクリーニング方法と頻度とは!

夏と言えば浴衣。 夏のイベントには欠かせないアイテムの1つです。   いつもと違う女性を演出してくれる浴衣ですが、 スポンサードリンク 着た後のお手入れが大変!   お家でお手入れ …

お宮参りの時期をずらすのはあり?里帰り出産の場合のおすすめの提案!

赤ちゃんが産まれてもうすぐで1ヶ月・・・。 スポンサードリンク そろそろお宮参りの時期です。   でも、ママの体調や、 1ヶ月の子供を外に出していいものなのか不安がいっぱいですよね。 &nb …

上手な着物の選び方!初心者が初めて購入する時の3つのポイントとは!?

女性なら誰もが憧れる着物。 着物を着て颯爽と歩く女性は魅力的ですよね。   普段着る機会と言ったら、 スポンサードリンク 学生さんなら入学式や卒業式、20歳の成人なら成人式、 社会人なら結婚 …