さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

お年玉をあげてたのにもらえない!親戚にはもうあげる必要なし!?

投稿日:

 

お正月と言えば、わずらわしいのが“お年玉”。

 

何がわずらわしいって、

完全に大人の善意で成り立っているところです。

 

あげたからといって誰からも、当の子供からでさえ、

特に感謝もされないというのに、あげなければケチな人と思われます。

 

私は、いやだなあ、もったいないなあと思いながら、

ケチだと思われるのが怖くて、

なんだかんだ毎年、親戚の子にお年玉を渡してしまいます。

 

お金をもらって喜んでいる子供を見ると、

こちらも楽しくなりますしね。

 

でも、やっぱりいろいろな人がいるので、

私みたいに人からどう思われるかを気にしてあげている人もいれば、

 

『どう思われてもまったく気にならない』ということで、

あげない人もいます。

 

今回は、そんな、“あげない主義”の人と親戚同士の場合、

子供へのお年玉はどうしたら良いのか?

ということをテーマにお話ししたいと思います。

 

悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

お年玉をくれないのは親戚が非常識?

 

お正月に会っても、

子供にお年玉をくれない人というのは存在します。

 

そんな人も、

世間の常識を知らないわけでは決してありません。

 

むしろ、世間の人が当たり前のように受け入れている

“お年玉”という習慣をあえて無視するからには、

 

そこにいたるまでには、

そうとうな葛藤や特殊な事情があったと考える方が自然です。

 

ですから自分の感覚だけを基準に、

「お年玉用意してないとか、なんて非常識な人!」みたいに、

決めつけて怒ってはいけません。

 

怒りそうになったときは、

相手にも相手の考えや立場があるのだということを、

少しだけ思い出しましょう。

 

では、お年玉をくれない人は

いったい何を考えているのでしょうか。

 

その代表的なものをいくつかご紹介します。

 

まず、昨年までくれていた人が急にくれなくなった場合です。

 

これは、前回お年玉をもらったときに、

何か失礼なことを相手にしてしまったせいかもしれません。

 

たとえば、親子共々、お礼を言わなかったとか、

その場で開封して“金額が少ない”とケチをつけたとか、

 

そういうことがあると、

次からお年玉を用意しなくなるということは十分にありえます。

スポンサードリンク

 

お年玉は義務でも強制でもありません。


 

あげる側が「あの人にはあげたくない」と思ってしまった場合は

貰えないのも仕方のないことでしょう。

 

一度も、誰にもお年玉をあげているのを見たことがないという人は、

単純にお金がない人の可能性があります。

 

お年玉って、

子供の人数によっては、かなりの出費になります。

 

五人兄弟にあげるとすれば、

一人千円でも五千円の出費になり、

 

千円じゃちょっと申し訳ないからと二千円にすれば

一万円がただで飛んで行きます。

 

若い人は特に、そこまで手が回らないという人の方が、

普通かもしれません。

 

お年玉をくれない親戚を見ても、

“ケチ”と思うのではなくて、

 

“ひょっとしたらこの人は

五千円も惜しいくらいの生活をしているのかもしれない”と、

(当たっているかどうかは別にして)考えてみるとどうでしょうか。

 

寛大な気持ちになってきませんか?

 

もうお年玉をあげなくてもいい!?

 

ここまで、“お年玉をくれない方にも、

おそらくそれなりの理由がある”ということを確認しました。

 

個人的には、

こういう人の方がお付き合いが楽だなと感じます。

 

なぜなら、自分がお年玉をあげない人というのは、

相手にも期待していません。

 

むしろ、もらいっぱなしになると気まずいから、

相手もくれなければいいのに…くらい考えています。

 

もしあなたが、

“非常識と思われるのが怖い”という動機でお年玉をあげ続けている人なら、

この人のお子さんに関しては、もうあげなくて大丈夫です。

 

この人の中では、

お年玉をあげることは義務ではないのです。

 

もらえないのが当たり前で、

もらえたらラッキー程度の軽いものです。

 

だからこそ、自分の都合で

手軽に出したり引っ込めたりできるんですよ。

 

もしそうではなくて、

あなたが単純にお年玉をあげるのが好きなのでしたら、

あなただけでもあげることは悪くはありません。

 

ただ、向こうからあなたのお子さんへお年玉が来ないのに、

あなただけが向こうの子供にお年玉を渡すというのは、

子供から見ると不公平に映ります。

 

あなたにお子さんがいて、

向こうがお年玉をあげない人とわかった時点で

あなたもお年玉をあげるのをやめるというのが、

一番波風の立たない解決方法でしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

お年玉をあげない親戚について、

お話ししてきました。

 

参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

確定申告のハガキが来ないのはなぜ!?紛失した可能性がある場合は?

  確定申告を行っている人には、 例年申告書等用紙が送られてきていました。   しかし、平成28年度分確定申告を無料相談会場で申告した場合や、 税理士に確定申告を依頼した場合などは …

急な雪でも安心!靴の滑り止めの代用にすぐに使えるおすすめの物とは!

最近寒くなってきましたね。   夏は酷暑と言われていましたが、 スポンサードリンク 季節はいつのまにか肌寒い季節になりました。   今年の冬は暖冬だと言われていますが、 暖冬と言っ …

服に付いた花粉は洗濯で落ちる?最強の対策アイテムは柔軟剤!?

  スポンサードリンク 花粉症でお困りですか? 私も典型的な花粉症で毎年大変です。   2月~5月までくしゃみや鼻水が止まらないので、 1月末から耳鼻科などに行って症状を軽減してい …

シャワーだけで温まる秘訣!寒い日にするべき5つの対策とは!?

  お風呂に入るときは湯船にしっかり浸かりますか? 私はシャワーで済ませることが多いです。   よっぽど疲れた日や寒い日でない限り、 スポンサードリンク 湯船に浸かりません。 美容 …

独身男性の貯金額大公開!結婚するために必要な最低貯金額とは!?

愛がなければ続かないと言われる“結婚” スポンサードリンク   ですが、 結婚に必要なのは愛情だけではありません。   それ以上に(!?)お金だって必要です。   今回は …