さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

美容・健康

正月太りはむくみが原因!?2キロ増えた体重を簡単に元に戻す方法とは!

投稿日:2018年8月26日 更新日:

 

お正月を過ぎると

「正月太り」という言葉がよく聞かれるようになります。

 

お正月は、おせちにお雑煮、おもちと、

とにかく食べる事から始まります。

 

この期間は親戚との集まりも増えて、

外食に行く事も多くなりますよね。

 

外は寒いし用事がないからということで、

外出せずにごろごろ家にいると、

あっという間に1〜3kg は太ってしまいます。

 

普段はあまり食べない人でも、

お正月だけは、ついつい食べ過ぎてしまうという人が多いようですね。

 

今回は、正月太りで増えた体重を元に戻す方法について、

ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

正月太りで2キロ増えた体重を元に戻すには!

 

一口に「正月太り」と言っても原因はさまざまです。

まずは太った原因を考えましょう。

 

原因が何であるかによって、

それぞれ対処法も違ってきます。

 

・ 食べ過ぎ・カロリーの摂りすぎの場合

基本的に、太るか痩せるかというのは、

一日の消費カロリーと食事の摂取カロリーの

バランスによってきまります。

 

活動で消費するカロリーよりも摂取カロリーが多ければ、

その分が脂肪となり身体に蓄積されて行きます。

 

対処法としては、まずは食べる量を減らすことです。

 

食事の回数を減らし間食をしないよう心がけることで、

消費カロリーを相対的に増やし、

摂取カロリーとのバランスをととのえることを目指します。

 

・ 便秘による一時的な体重増加の場合

体重というのはけっこう単純なもので、

お腹の中にものが入っていれば入っている分だけ数字に表れます。

 

たとえば水を1リットル飲んですぐに体重を測ったら、

ちょうど1kg 体重も重くなっているのです。

 

1〜2kg の体重増加は、

便秘で身体に水分や老廃物をためこんでいることが

原因である場合があります。

 

これは、水分をたくさん摂ることや、

スポンサードリンク

ヨーグルトを食べて腸内環境を改善すること

簡単に解決することができます。

 

・むくみ

先の便秘以外にも、この時期は単純に寒いという理由で、

血行が悪くなり、水分の循環がうまくいかず身体がむくみ、

そのせいで体重が増えることがあります。

 

むくみによる体重増加は、

私の場合は、むくみを解消すればすぐに減ってきましたよ。

 

むくみを感じたら、

まず保湿をしましょう。

 

このとき、身体のむくんでいる部分にクリームを塗って、

さらにマッサージをすると血のめぐりがよくなります。

 

それでも正月太りが戻らない時は!?

 

それでも体重が戻らないときは、

食事の内容に注目しましょう。

 

もしかしたら無意識に、

太りやすい食品を口にしてしまっているかもしれません。

 

太りやすい食品とは、

塩分と脂肪分をふんだんに含む食品です。

 

同じカロリーでも、

ポテトチップスで100キロカロリー摂るのと、

果物で100キロカロリー摂るのとでは、

太りやすさがまったく異なります。

 

私のおすすめは油物を控えて、

野菜と豆類中心の食事にすることです。

 

調理に塩や油はなるべく使わず、

日本の昔ながらの和食をイメージした食事を毎回摂るようにすると、

必要な栄養を損なうことなく健康的にカロリー制限できます。

 

小腹が空いたときは、

パックの絹豆腐をレンジで温め、お醤油をかけて食べると、

少量でも満腹感が得られますのでおすすめです。

 

それから本気で体重を落とそうと思ったら、

実はこれが1番大切なことなのですが、

目標をはっきりと決めてください。

 

たとえば1ヶ月1kgとか、3ヶ月で3kgやせるなど、

『いつまでに、どれくらいやせたいのか』という

目標を具体的に設定するのです。

 

『2月に結婚式があるから、それまでに絶対3キロ落とす』とか、

目標は具体的であればあるほど意識に強く刻まれ、

達成できる確率が高まります。

 

ぜひ、試してみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

お正月太りは、けっこう、

“一時的に太っただけ”の場合が多いのです。

 

ちょっと集中して努力すれば元に戻すことも簡単ですよ。

 

がんばってくださいね。

参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

-美容・健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホットヨガと普通のヨガの圧倒的な違い!効果の差はどれくらい!?

最近、体重が今まで更新したことのないところまできてしまっている! 痩せないと本当にやばい!   このままなにもしないでいたら、 今まで見たことのない数字に達してしまう・・・。 スポンサードリ …

健康的に痩せる!!ウォーキングの適正な距離と時間を徹底解説!

ウォーキングは気軽に・手軽にできる運動ですよね。 私(主婦でパート勤務)も仕事が休みの日にウォーキングしています。 スポンサードリンク 気分転換にもなるし、同じようにウォーキングされているお年寄りとも …

ホットヨガの後の発熱の意外な真実!危険はないということが発覚!?

激しい運動は自信が無いけど、 ゆっくりとした動きのヨガなら出来そうだと思って 始める方は多いと思います。   インナーマッスルを鍛えることで女性らしい体つきを保ちながら スポンサードリンク …

ホットヨガは効果は週一でもある!?痩せる人と痩せない人の違いとは!

ホットヨガとは、気温39度前後、湿度60パーセントに保たれた 室内で行うヨガのことです。   高温多湿の環境の中で身体を動かすことで、 スポンサードリンク 大量の汗と溜まった老廃物を外に出し …

晴れの日より曇りの日の方が紫外線が多いというのは嘘!?

これからだんだんと暑くなってきますよね。 スポンサードリンク   暑いだけじゃなく太陽の光を浴びると肌が焼けますよね。   晴れの日の外出は日焼け止めクリームが必需品! なんて人は …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。