さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

家事・育児

【達人が教える】ステンレス製の換気扇の頑固な汚れをとる方法!

投稿日:


ステンレスは、汚れにくいですが使用を繰り返すと汚れますし、汚れた空気を外に逃がすためにある換気扇は特に汚れやすいです。

使用感たっぷりの換気扇を見ると、その場で調理したものもおいしくなさそうに見えてしまいます。

汚れが目立ってきて、気付いた時には頑固な汚れになっていたということもあるかと思います。掃除も手の届かない位置にあるので、面倒であまりしないという人もいるでしょう。

汚れが気になりだし、掃除をやる気になったが、なかなか汚れが落ちなくて、どうしたらいいのか分からないとお困りの方の為に、ステンレス製の換気扇の頑固な汚れをとる方法を紹介します!

スポンサードリンク
  

ステンレス製の換気扇のサビがとれないときは!?

軽めのサビには、メラニンスポンジでこすって落とすといいです。メラニンスポンジに水を含ませ、サビの部分をこするだけです。

もう試したけど、落ちないという場合はクリームクレンザーを使い、柔らかいスポンジやタオルなどで優しく磨いてみてください。この時、細かな傷の原因になってしまうので、磨くときに使用するものや力加減には、気を付けてくださいね。

ステンレス製の換気扇にサビが付く理由は、調味料などの塩分と油によってサビ付きます。そのため、サビ付かせないように使用するのは難しいです。

また見えない部分のサビは気にならないからと、放置してしまうと故障に繋がります。換気が出来なくなると命に関わる危険になり得ますので、見た目だけでなく、危ないのでこまめに掃除をする必要があります。

こまめと行ってもサビ掃除は、使用頻度により異なりますが年に1~2回で大丈夫です。使用頻度が高い場合は、その分掃除の回数も必要になります。

ちなみに換気扇掃除は、もう少し頻繁に行なう方がいいですよ。この回数が増える事で、サビ掃除も減る事が予測されます。

スポンサードリンク

頑固なサビの場合は、錆びた部分を削りとり、サビ止めを塗ってその上からコーティングをします。一般的にはここまでくると、とても手間が掛かるので買い換えをおすすめします。

ステンレス製の換気扇にも重曹が効果的!?

万能な重曹ですが、換気扇の掃除にも効果的です。油汚れは落ちにくいのですが、重曹を使えば簡単に落とすことができます。

換気扇のプロペラファンというくるくる回るところを外し、お湯と重曹をシンクなどにため、そこに2時間くらいつけ置きした後にぬるま湯で洗い流します。

重曹は65度以上のお湯で溶かすと汚れを落とす力がアップします。

しかし強力になるので、素手では触らないようにしてください。また、やけどにも気を付けてください。頑固な汚れで落ちない場合は、数回繰り返してください。

なお、油汚れは水につけると落ちにくくなりますので注意してくださいね。

換気扇にフィルタ-が付いてる場合があります。このフィルタ-の掃除は、フィルターに粉末の重曹を直接かけてしばらく放置します。

1時間から2時間くらいは放置した方がいいです。その後、歯ブラシやタワシなどで擦ると汚れが落ちます。この時に、新聞紙などを敷いて置くと床が汚れません。

換気扇のタイプは、直接プロペラファンによって外に排気するタイプと、シロッコファンやターボファンでダクトを通して外に排気するタイプがあります。

ダクトを使った換気扇をレンジフードと呼びます。レンジフードの掃除も基本的には同じ方法で掃除が可能です。

しかし、レンジフードは集団住宅で使用されている事が多くダクトの掃除は管理者との相談が必要な場合があるので、自分では行なわない方がいいです。

また、どちらも換気扇掃除を行なう前には危ないので、必ず換気扇の電源を切ってから掃除を始めて下さい。

まとめ

どうしても頑固な汚れが取れない時は、専門家に頼みましょう。

素人がこまめに掃除をしても、換気扇のファンの部分の掃除は難しいですし、なにより自分で掃除するのは、面倒ですよね。

そんな時は、利用してみるといいかもしれませんよ。

気持ちよく調理ができる綺麗な換気扇になるといいですね。

スポンサードリンク

-家事・育児
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子育ての疲れが取れない原因と解消法!32歳ママの初出産の悩み解決

  スポンサードリンク 子育ての疲れは どんな時に感じるのでしょうか?   疲れの原因を知り解決する事で、今より楽しく 良い子育てが出来るといいですよね。   子育て中に …

小学校の入学前に不安になっている娘に対してママがしてあげる事は!?

  スポンサードリンク 幼稚園を卒園したら、次は小学校です。   教科書、ランドセル、大きな校舎、、、 これまでとはまったく違った環境に飛び込んで行くということで、 入学前に不安に …

時短!!毎日の掃除を効率よく…手順を変えるだけで簡単綺麗?

主婦なら毎日やっている家事ですが、 スポンサードリンク 掃除は毎日されていますか?   家事はやり始めたらサッと終わりますが 『掃除』って聞くとちょっと億劫になりますよね。   パ …

共働きなのに夫は家事をしなくてイライラ…それ離婚の危機かも!?

「女性も働く時代」が当たり前になって久しいものですが、 未だ根強い矛盾した概念「家事は女がするもの」。   この数年は 「イクメン」や「マイホームダッド」など、 旦那が主夫するブームを仕掛け …

貧乏なので子育てが不安と感じているあなたに先輩ママがアドバイス!!

我が家は毎月カツカツで貧乏だから、 スポンサードリンク 子どもたちをちゃんと育てられるか不安…。   そんな風に感じている子育て中のお母さんや、 これからママになるというあなた。 &nbsp …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。