さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

お宮参りの時期はずらしても良い?里帰り出産の場合のおすすめの提案

投稿日:


赤ちゃんが産まれてもうすぐで1ヶ月・・・。

そろそろお宮参りの時期です。

でも、ママの体調や1ヶ月の子供を外に出していいものなのか不安がいっぱいですよね。

しかも、里帰り出産している人は里帰り先でするのか迷いどころ。

そんな出産間もないパパ・ママにわかりやすくまとめてみました。

スポンサードリンク
  

里帰り出産の場合のおすすめの提案

赤ちゃんを実家で出産と考えている人は多いかと思います。自分の両親、旦那さんの義両親にお世話になることでしょう。

出産してからすぐは体調の事はもちろん家事もままならない事がたくさんありますので、普段の生活に戻るまでに時間を里帰りで過ごせるのは良いですよね。

そこで里帰りした時って「お宮参り」はどうしていますか?

よく言われているのは、生後1ヶ月にお宮参りをする。

そもそも「お宮参り」とは、その土地の神様「氏神様」に子供が誕生したことを伝え、末永く見守ってくれるように願うものです。

この「お宮参り」ですが、今では時期をずらして行うことも増えてきました。

理由として、「生まれた時期が真夏だったり、真冬だったり季節的に出歩く事が困難なため」「ママの体調面の考慮」などがあげられます。

例えば、12月に産まれたとしたら、生後1ヶ月なので1月に行くことになります。ただ、雪が降る地域は1月って寒いんですよね。

雪が降らなくても風が強い地域だってあります。夏に産まれてくると暑すぎて大丈夫か気になりますよね。

ここは赤ちゃんの事を優先していいんです!!

温かくなる春先や、ちょっと暑さが和らいだ秋など過ごしやすい時期にしてあげましょう。

お宮参りの時期を早めるときの注意点

時期をずらしてお宮参りをしてもいいことが分かりましたが、ここで注意をしなければならないことがいくつかあります。

まずお宮参りするときに確認しておきたいことをチェックしましょう!!

・日時
・参拝料
・場所
・お宮参りの手順
・開始時間や待ち時間
・混雑状況

このように参拝するときに神社に確認をしてみましょう。また、日にちを確認するまえに、両親と義両親の都合も聞いておきましょう。

スポンサードリンク

里帰りの人は義両親に聞いてどこの神社でやればいいのか確認しておきましょう。

そして一緒に行ける日を決めて抱っこしてもらいましょう。

時期を早めたいときはここが一番重要

だいたいが1ヶ月健診が終わって病院で、「そろそろお散歩に」とか「問題なし」と言われてからが多いですよね。しかし、里帰りする前にやりたいときや、1ヶ月健診後すぐ帰るなど理由があり、早めたいときは必ず病院に確認しましょう。

あとは赤ちゃん本人の体調面です。体調が悪そうなど少しでも不安があるなら早める必要はありません。どうしてもという場合は写真だけ早めにとるのもありですよ。そして落ち着いてからお宮参りに行けばいいのです。

その季節によって今やるべきなのかずらしてみるのか相談し、赤ちゃんの体調を考えて決めていきましょう!

ここでもし待ち時間が長くなってしまった時のためのおススメがあります。

母乳で育てている方ですが、なかなか授乳できないですよね。

そんな時は、お宮参りするかもと思った時から哺乳瓶で飲ませる練習をしていきましょう。

いざという時に練習しておいたほうが授乳できない時いいですよ。

お宮参りの服装マナー

ここでお宮参りの正装について覚えておきましょう!

【赤ちゃんの服装】
男の子:熨斗目模様(のしめもよう)
女の子:友禅模様(ゆうぜんもよう)

【祝い着として良い柄】
男の子:鷹、兜、鶴、武者など勇ましい柄で黒や紺、灰色や白などの色が望ましい。
女の子:花柄、蝶、手まり、御所車など赤やピンクなどの色が望ましい。

購入することもありますが、今ではレンタルも主流になってきました。購入したら七五三の時に仕立て直しすればまた着ることができますよ。男のだと5歳、女の子だと3歳ですね。

着物もいいですがドレスもいいですよ。ドレスも今は豊富でレンタルもあります。

わたしの体験上、3人ともレンタルにしました。レンタルしたとき祝い着も一緒になったセットがあったのでそれを利用しました。

あとは母親や父親、祖父母の服装です。祖母の多くは着物ですね。母親は着物かワンピースどちらでもいいのですが、子供の服装に合わせて切ることをおススメします。

着物もワンピースどちらも色合いや柄など落ち着いたものを選ぶようにしましょう。男性の方はスーツが一番いいでしょう。

まとめ

このようにお宮参りは赤ちゃんにとって一番初めに行う行事です。

だからこそ、赤ちゃんの体調、ママの回復加減などに注意しながら、両親、義両親に相談していつにするのか決めましょう。

ずらしたからって怒られることもダメなんてこともないのです。出来るなら晴れた気温も落ち着いた日のほうが良いでしょう。

もうすぐお宮参りの人も、これから出産しいずれやる人の参考になれば幸いです!

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者に家庭菜園の始め方をやさしく解説!庭は狭くても大丈夫!?

自宅で作った野菜を食卓に並べるのって何だか憧れますよね。採れたてで新鮮な上に、食費の節約にもなります。 スポンサードリンク お子さんがいるご家庭なら、一緒に育てることで嫌いな野菜を克服するチャンスにも …

【お盆の田舎と都会のギャップ】真夏の成人式の理由とは!?

DCIM100MEDIADJI_0026.JPG 『お盆』は夏の定番行事の一つです。 スポンサードリンク 年に一度、家に帰ってくるご先祖様をみんなでお迎えします。 8月15日あたりにおこなう地域が多い …

プロに聞いた梅雨時期にお花を育てるポイント!梅雨に強い花とは?

スポンサードリンク 梅雨の時期は長雨が続いて気持ちが落ちたり、憂鬱になったりしますよね…。 でも、そんな時にこそキレイに咲き誇った花を見て気分転換もいいですね。 花は人の心を癒やして、リラックスさせる …

【衝撃の真実】高級食材の松茸の匂いが嫌いな人は凄く多かった!?

松茸と言えば、秋の味覚ですね!そして高級食材でもあります。 スポンサードリンク 普段は気軽にお手軽に買えないので、食べる機会があれば、ありがたくゆっくりと噛みしめていただいちゃいますよね。 松茸ご飯に …

先輩花嫁さんの体験談!結婚式の打ち合わせでに聞くべきこととは?

大切な人との結婚が決まり、そして結婚式の日取りも決まったら挙げる結婚式場でのプランナーとの打ち合わせが始まります。 スポンサードリンク ですが、初めてのことですので分からないことだらけですよね? 打ち …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。