さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

七五三前に髪型を失敗!?娘の髪を短く切り過ぎたらどうする?

投稿日:

 

子供の成長を記念に残す大事な日である七五三。

 

衣装の準備はもちろん、

可愛い髪型にすることも忘れてはいけないですよね!

 

女の子だと髪は伸ばしている場合がほとんどではないでしょうか。

 

子供のアップ姿、可愛いですよね。

髪飾りをして更に可愛く。たまりませんね!

 

しかし前髪はと言うと切って可愛くするしかありません。

 

前髪って大事で、

前髪で印象が変わるんだから繊細なパーツ。

 

慎重に切っていても、「あっ切り過ぎた…!」ってことありませんか?

 

しかも七五三まで日にちがない時に限って・・・

そんな時、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

七五三前に髪型を失敗!?娘の髪を短く切り過ぎたらどうする?

 

子供の前髪を親の自分が切るか

床屋さんで切るか迷いますよね。

 

最近流行りの1000円カットなら安いしいいかなって思います。

 

でも、前髪だけなのにその1000円がもったいないんですよね…汗

 

自分が切った方が安上がりなので切ると…

失敗したー!ってことになり兼ねません。

 

床屋さんで1000円払って、

切ってもらった方がよかったんじゃないかと思うかもしれなせんが、

 

私の場合は、

床屋さんに切ってもらって失敗されたことがあるんです。

 

短く切り過ぎていた上、

斜めになっていてショックでした。

 

子供だから切り過ぎても可愛いと言う気持ちはありますが、

どうしても納得行きませんでした。

 

自分でどうしたらいいか分からず、

結局、美容院に行って手直ししてもらいました。

 

私が感じた床屋さんと美容院の違いをまずお話したいと思います。

【床屋さん】

・値段が安い

・カウンセリングがすごく短い

・お客さんの数をこなそうとして焦っている!?

・作業が雑な方もいる

 

【美容院】

・値段が高い

・カウンセリングが丁寧

・お客さんを待たせてでも一人一人を大事にする

・作業が丁寧

スポンサードリンク

・アレンジ方法を教えてくれる

 

普段は素人の自分が切ってもいいと思います。

 

しかし、子供の大事な記念日の時くらいはお金を払ってでも

美容院に行くことをオススメします!

 

七五三の写真撮影で失敗しない為のポイント

 

七五三の写真撮影で失敗しない為には準備が必要です。

どんな準備が必要かをお伝えします。

 

・撮る2、3ヶ月前には予約をする

予約が遅くなると希望したい日にちが埋まってしまうことがあるので、

早めに予約することが大事です。

 

・どんな衣装にするか考えておく

着物がいいのかドレスがいいのかを決めておきます。

和装、洋装どちらも撮るのもいいと思います。

 

・履き慣れた靴を準備する

履き慣れない草履が嫌のせいでイヤイヤが出る場合があるので、

履き慣れた靴を持って行くといいです。

 

参道だけでも履き慣れた靴を履くことで、

子供のストレスが軽減されます。

 

・写真撮影は、前撮り・当日・後撮りのどれにするかを考えておく

前撮りと後撮りをするとなると、

別の日にちを考えた方がいいです。

 

全てを1日でするのはハードなので子供も疲れてしまいます。

 

当日だけ家族全員で撮って、

前撮りと後撮りは子供だけでというのもいいかもしれませんね。

 

これらを準備しておくようにしましょう。

 

私の場合は、

準備以外でも失敗したと思ったことがありました。

 

それは、『子供の年齢』です。

数え年で3歳、要するに2歳の時点で撮りに行きました。

 

私たち大人も数え年でお祓いに行くので、

七五三も一緒だと思ってしまったんです。

 

しかし、七五三の写真を撮る年齢は、

数え年でも満年齢でもどちらでもいいんです。

 

3歳はイヤイヤ期と言うこともあって、

当日「イヤイヤ」と言ってなかなか言うことを聞いてくれないことも多いです。

 

写真を撮るには、

「ジッとしていないといけない=子供にとっては試練」なんです。

 

おやつやおもちゃを持って行きましたが、

なかなか大変でしたよ。

 

子供の成長は早いので2歳と3歳では違います。

 

3歳になってから撮りに行くことをオススメします。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

七五三前に髪を短く切り過ぎたら、

やっぱり美容院に行って手直ししてもらうのが一番ですよ。

 

また、七五三でいい写真を撮るには、

前もって準備をしっかりとしておきましょう。

 

色々と大変ですが、

可愛い子供のために頑張りましょうね!

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:

関連記事

和歌山マリーナシティは雨でも楽しめる!周辺の子供が遊べる場所は!?

和歌山市にはマリーナシティという人工島があり、 テーマパークや温泉、市場などが楽しめる場所となっています。   ポルトヨーロッパというテーマパークは、 地中海の港街をイメージして作られ、 ス …

お年玉の名前はボールペンでも大丈夫?どこに書くの?お金は新札?

お正月になるとお年玉を用意しなければ…!って思いますよね。   かわいいお年玉袋も用意したし、準備は万端! あとはお金を入れるだけって思っていたけど、 スポンサードリンク よくよく考えたら疑 …

小学校の運動会の場所取り方法!良い位置を取るコツと便利な道具とは?

小学校の運動会といえば、 場所取りに頭を悩ますお母さんも多いと思います。   忙しい当日の朝ですが、 お子さんの頑張る姿を間近で見るためにも 絶対にいい場所を確保したいところですね。 &nb …

花粉症なら洗濯物は部屋干しがベスト!早く乾かすコツとは!?

  花粉が舞う時期になると、 辛い花粉症に悩まされている方は多いと思います。 スポンサードリンク   なかでも困るのが、洗濯物ですよね。   外に干すと花粉で大変な事にな …

子供連れで買い物ができないママへのおすすめの提案!2歳児は大変!?

小さなお子さんをお持ちのママにとって、 日々の買い物は大変ですよね。   子供を連れてスーパーなどのお店に行くと、 「アレが欲しい、コレが欲しい」と、 愚図ってしまうことがよく起こります。 …