さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

ペット

犬を車に乗せて移動するときに絶対に注意するべきポイントとは!?

投稿日:2018年5月24日 更新日:


休日、愛犬との楽しみなドライブ。

 

助手席に乗せて、ふたりで景色を楽しもう…なんて思っても、

現実はそう上手くは行きません。

 

体重が軽い分、ちょっとの揺れでも簡単にからだが浮く、

あちこちぶつかる…。

 

ひざに乗せて運転すると危ないので、

助手席や後部座席に乗せてみるけれど、

 

飼い主さまがだいすきな犬は、色々なものを乗り越えて、

すぐさま運転席に転がり込んで来る…かわいいけれど危ない!

 

みんなどうやってワンちゃんを乗せて運転してるの?

 

というわけで今回は、犬を車に乗せて移動するときの

注意するべきポイントについて紹介します。

スポンサードリンク

犬を車に乗せて移動するときのおすすめグッズ

 

一番気をつけたいのは何と言っても、

犬の身の安全です。

 

急ブレーキなどでうっかり座席から落ちないように、

身体をぶつけたりしないように、

座席に取り付けるタイプのソフトボックスや、

重量のあるペットベッドに入れて座らせておくのがベストです。

 

ただ、これらの製品は乗ったときに上が空いているので、

じっとしていないワンちゃんの場合は

外へ出ようとして逆に危ないかもしれません。

 

そんなときは犬用のシートベルトもおすすめです。

 

わりとしっかり座席に固定されるベストタイプと、

自由度の高いリードタイプとがあります。

 

もし助手席でなく、

後ろにトランクなどの広いスペースがあってそこに乗せる場合は、

スペースの床を覆うくらいの巨大なシートカバーを敷くのが定番です。

 

後ろの座席を取り払って広々と敷くのが基本ですが、

ぐしゃぐしゃにならないように、

ハンモックのように吊るして使うものが多いです。

スポンサードリンク

 

また、命を守ることに比べると対したことはありませんが、

ワンちゃんとのドライブで実は一番困るのは

シートに毛が散らばることです。

 

特別に毛の長い種類でなくても、

ふつうのチワワやポメラニアン等でも、

一回座席に座らせるとけっこうな量の毛がつきます。

 

犬の細くてやわらかい毛は、

一度つくときれいに取るのがなかなかたいへんなので、

シートカバーは必須です。

(バスタオルでも十分代用できます。)

 

それでも、カバーをしていても、ついてしまったときのことを考えて、

洋服用の小さいコロコロをかならず車内に常備しておきましょう。

 

そのままにしておくと、

次の人の洋服についてしまいますからね。

 

犬が車の窓から顔を出すのはなぜ?

 

我が家には犬が4匹いるのですが、

そのうちの一匹のチワワは車に乗っている間、

しきりに窓の外を見ようとします。

 

家にいるときは別にそれほど外を気にする様子はないのに、

「不思議だね」と家族でも話したりしていました。

 

走っている車の窓から顔を出して、

もしツルッと落ちてしまったりしたら大変なので、

運転中は、もちろん窓は閉めています。

 

しかし、閉められた窓の内側から、

貼り付くような勢いで外を見ていることがしばしばあります。

 

窓から顔を出したがるのは、

犬の習性として良くあることです。

 

犬はにおいに敏感です。

 

窓から顔を出している犬は、

外のさまざまなにおいの空気を楽しんでいることが多いのです。

 

街の中ではパンやお惣菜のにおい、

自然の中では光と水と緑のにおいといったように。

 

窓に貼り付いて外を見ているうちの犬も、

すきまからわずかに入ってくる空気の流れを、

窓が閉まっていても感じることができるのでしょう。

 

犬も自分たちなりの方法で、

ドライブを楽しんでいるのですね。

 

それに人間にも言えることですが、

ときどき少し窓を開けて車の中に風を通すことは、

車酔い防止の観点からも効果的です。

 

まとめ

 

以上、犬を乗せてドライブするときのポイントでした。

 

ドライブのときは、

落っこちない程度に窓を開けてあげても良いですね!

 

いかがでしたでしょうか。

 

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

-ペット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドッグランでマナーの悪い飼い主は嫌われる!?初心者の為の基礎知識

いつもはリードを付けて散歩をしている愛犬ですが、 たまには外でもリードなしで思い切り遊ばせてあげたいですよね。   そうすることで犬のストレスも軽減され、 スポンサードリンク さらには足腰を …

愛犬の抜け毛がひどい時の対処法!!室内で犬を飼う人の悩みNO1を解決

  現代では、犬を飼われているご家庭は珍しくないですよね。   犬は家族の一員でもあります。 そして癒されますよね。 スポンサードリンク   その為、最近では室内で飼って …

子犬の服はいつから着せても大丈夫!?たった2つの注意点は必ず守れ!

子犬のうちはどんな子でも、 スポンサードリンク 体温調節が自力では上手くできません。   寒暖差の激しい時期は、 ぜひ服を着せて体温調節をサポートしてあげてください。   子犬のう …

犬を飼うのは何が大変でどんな覚悟が必要!?飼い続けた私が伝えたい事

  犬を飼いたいけれど 迷っている…という方へ! スポンサードリンク   犬はかわいいですよ! 迷っているなら ぜひ飼うことをおすすめします!   …と、個人的には言いた …

犬の食ふんをやめさせる方法は原因から考える方が簡単!?

愛犬の食ふんに悩まさせている方、 スポンサードリンク 結構いると思います。   犬はふんが汚いものとは認識していないので、 私たちからすると『え!?!!』とかなりの衝撃をうけますよね! &n …