さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

岸和田だんじり宮入の意味を地元民が解説!!時間や穴場も詳しく紹介

投稿日:2018年5月25日 更新日:

 


大阪で秋のお祭りといえば「だんじり」

 

関東方面の方には、

あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、

「岸和田だんじり祭り」といえば、

聞いたことがある方も多いでしょう。

 

今や全国にも知られた

日本最大規模の「だんじり祭り」です。

 

200人以上の曳き手によって、

城下町特有の直角の交差点を加速しながら

一気に方向転換する「遣り回し」。

 

超重量の細工も見事な山車に、しかも人を乗せたまま、

スピードを落とさず角を曲がる様に

人々の歓声と喝采が沸き上がる、まさに祭りの華!

 

その勇壮さ、伝統の技と度胸に魅せられて、

例年40万人以上もの観客が全国から訪れるます。

 

ぼーっと見てたら、ケガしまっせ!!

 

スポンサードリンク

岸和田だんじり祭り「宮入」とは?

さて、そもそも「お祭り」ですから、

これは神事です。

 

元禄16年(1703年)五穀豊穣を祈願して行われた稲荷祭りが

その始まりとされています。

 

「だんじり」とは神様の依代である「山車」のこと。

 

人が乗って鳴り物などで賑やかすのは、

神様をおもてなしするためだとか。

 

ちなみに「お神輿」は神様がお乗りになるもの。

だから人が乗ってはいけません。

 

町中を曳行し、

各町それぞれの産土神に五穀豊穣を祈願に参るのが「宮入」です!

 

2日目の本宮の日は、

このクライマックスの宮入があります。

 

岸和田地区の岸城神社の宮入では、15台のだんじりが

次々と岸和田城の入り口となる「こなから坂」を一気に駆け上がり、

ここ一番の遣り回しを見せます!

 

これはさぞ見ものでしょう!!

 

2018年のスケジュールはこちら。

 

・宵宮 9月15日(土)

曳き出し・・・6:00~7:30

午前の曳行・・9:30~11:30

パレード ・・13:00~15:30位まで

午後の曳行・・15:00~17:00位まで

夜間曳行・・・19:00~22:00位まで

 

・本宮 9月16日(日)

宮入・・・・・9:00~12:00位まで

午後の曳行・・13:00~18:00

夜間曳行・・・19:00~22:00位まで

 

 

また、だんじりのチェックとして

「試験曳き」なるものがあります。

 

●9月2日(日) 14:00~16:00

●9月14日(金)14:00~16:00

 

曳行時間は短いながらも、

本番さながらのだんじりを楽しむことが出来ます。

 

「だんじり」をじっくり見たいという人は、

こちらもいいかもしれません。

スポンサードリンク

 

お祭り本番とは、

また違ったライブ感を楽しめることでしょう。

 

岸和田だんじり祭りのおすすめの穴場スポットはココ

 

一般的に知られているのは、

海の手の岸和田だんじり祭りなのですが、

 

これも地区としては岸和田地区(旧市街)と

春木地区の2ヶ所に分かれています。

 

宮入の神社も、

岸和田地区が岸城神社と岸和田天満宮、

春木地区は弥栄神社となります。

 

最も混雑が予想されるのは

●南海「岸和田」駅周辺

●岸和田城付近

●カンカン場までの商店街

 

無難なのは、

カンカン場などに特設される有料の観覧席があります。

 

やはり認知度の高い岸和田地区は参加する町も多く、

だんじりの台数も屋台の数もにぎやかさでいえば圧倒的。

 

観光客のほとんどはこちらをメインに集まります。

 

規模の上では少々下回る春木地区ですが、

間近でだんじりが観れるポイントも多く、

じっくり堪能するならこちらがオススメ!!

 

また地元民オススメのエリアでは、

春木地区の「磯上町」

 

(最寄駅は「春木」駅ではなく、

1つ手前の「忠岡」駅)岸和田だんじり祭りの最北端のエリアです。

 

観光客はほとんどおらず、

集まるのは地元の人や土地勘のある人たち。

 

細い道が多いので、

遣り回しの技術を間近で堪能するには最適なエリアなのです!!

 

宮入の弥栄神社までも徒歩でいける距離なので、

歩きながら祭りを味わうのも一興でしょう。

 

さらには10月に行われる観光客より地元の人が多い、

「山手」の岸和田だんじり祭りという手もありますよ。

 

お子さん連れで「やっぱり危ないんじゃ・・・」と二の足を踏む方には、

夜間曳行がオススメ。

 

昼の勇壮な熱気から一転、

200個ものコマ提灯で飾られた町は華麗に変貌。

 

曳き手の主役は子供に移り、

伝統的なお祭り気分をゆっくり楽しむことができます。

 

岸和田だんじり祭りの屋台事情

 

「お祭り」の楽しみのひとつに屋台は欠かせません。

9月の方が出店の数も充実しています。

 

定番のたこ焼き、焼きそば、フランクフルトはもちろんのこと、

岸和田名物かしみん焼き(お好み焼きとクレープの中間)、

ガッチョの唐揚げ(泉州名物の魚の唐揚げ)、

水ナス(泉州名産のフルーツのような茄子)などなど

泉州岸和田には名物もたくさん!

 

最近ではなかなか観られなくなった

飴細工の屋台も出ていますよ。

 

そして名物「関東煮」

「カントダキ」と読みます。

 

要するにおでんのことですが、

むしろ濃いめのしょう油あじ。

 

関西で濃いしょう油の味付けって昔はあり得なかったのか、

しょう油味の煮物で「関東煮」と名がついたのでしょう。

 

しょう油の香りが立ち込めています!

 

町の至る所に出店はしていますが、

やはり人の集まる岸和田駅周辺、カンカン場、岸和田港塔腹線あたりに、

春木地区は春木駅前のラパーク岸和田付近に集中しています。

 

まとめ

 

どうせ行くなら欲張りたいもの。

 

まず目的を決めて、時間とエリアを選び、

 

計画的、かつ臨機応変にお祭りを楽しみましょう!!

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【地元民が教える】こいや祭りの2018年の日程と見どころや屋台情報

こいや祭りは2000年に始まった踊りを中心とした大阪のお祭りです。 スポンサードリンク 大阪城公園の太陽の広場をメイン会場とし、大阪市内の各地にも会場が設けられていて、全国各地からたくさんのチームが集 …

USJのカウントダウン花火鑑賞!!場所の取り方と混雑回避方法は?

毎年、1年の締めくくりとして行われるUSJのカウントダウン。 スポンサードリンク USJのカウントダウンパーティーは、12月31日の19時から1月1日の2時まで行われています! 花火やアーティストのラ …

車で行く人必見!!茂原七夕祭りの駐車場事情と日程や屋台情報など

茂原七夕祭りと言えば、80万人以上が訪れる千葉県茂原市で行われる伝統的なお祭りで、毎年7月に開催されています。 スポンサードリンク 神奈川県の湘南ひらつか七夕まつり、埼玉県の狭山市入間川七夕まつりとな …

勝尾寺の紅葉ライトアップのデートを混雑回避して楽しむ方法とは!?

大阪で紅葉といえば「箕面」。 スポンサードリンク 「箕面の滝」も名所として有名ですが、 カップルで行くなら、 勝運ダルマで有名な「勝尾寺」がオススメ!   西国三十三札所の中でも、 割と現代 …

隅田川花火大会の楽しみ方はやっぱり屋形船がおすすめ!

毎年95万人以上の来場者がある隅田川花火大会は歴史が長く、隅田川から上がる花火は圧巻で、第1会場と第2会場を合わせると約2万発以上の花火が上がります。 スカイツリーやスポットなどからも観ることができま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。