さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

目黒のさんま祭り2018の混雑回避は不可能!?その実態を詳しく紹介!

投稿日:


平成8年から始まった「目黒のさんま祭り」は、旬のさんまが無料で来場者へ振舞われるという、なんとも贅沢で美味しいお祭りです。

それは、ぜひ行きたいと思ったあなた!

同じように思って詰めかけるお祭りの人出は、なんと3万人以上いるのです。

そんな大人気の目黒のさんま祭りを楽しむため、今回はお祭りの実態や行列の上手な並び方、雨天の場合など、2018年のさんま祭りに向けてご紹介していきます!

スポンサードリンク
  

目黒のさんま祭り2018の日程

まずはお祭りの詳細についてみていきましょう。

実は、目黒のさんま祭りは9月中に2回あるのをご存知でしょうか。

それぞれ主催者も場所も異なりますが、炭火焼のさんまが無料配布されるという点では同じです。

早速、2つのお祭りについて確認していきましょう。

一つ目が目黒駅前商店街振興組合による目黒のさんま祭りです。

こちらは目黒区ではなく、品川区で行われます。

岩手県宮古港直送の新鮮な「さんま」7000匹と、徳島県神山町の「すだち」、栃木県那須塩原市高林の辛味大根を使用した「大根おろし」という、極上の組み合わせを味わうことができるのも、このお祭りならではです。

また、お祭り開催のきっかけとなった目黒のさんま寄席も無料で楽しむことができますよ。

2018年の具体的な日程等は以下の通りです。

・日程:2018年9月9日(日)
・時間:10:00~14:00
・場所:東京都品川区上大崎2~3丁目 (目黒駅東口、目黒駅前商店街)
・イベント情報:炭火焼さんま無料配布、新鮮生さんま無料配布、目黒のさんま寄席無料

二つ目は、「目黒区民まつり」の一環として行われる「目黒のさんま祭」(送り仮名の「り」は無し)です。

こちらは目黒区で行われます。

他にも、「ふるさと物産展」・「お祭り広場」・「こども広場」が同時に開催されるので、さんまを食べるだけではなく親子でイベントを楽しむこともできますよ。

こちらは宮城県気仙沼市の新鮮さんまが5000匹振舞われます。

大分県臼杵市のかぼすが添えられるので、サッパリといただけます。

・日程:2018年9月16日(日)
・時間:10:00~15:30
・場所:東京都目黒区目黒1-25-8 (田道公園広場)
・イベント情報:炭火焼さんま無料配布、さんま祭以外にも無料イベント多数あり

目黒のさんま祭りの行列は回避できない!?

どちらのさんま祭りも、例年大行列ができることで有名です。

スポンサードリンク

美味しくて新鮮なさんまが無料で食べられるのですから、当然といえば当然ですよね。

品川区で行われる目黒のさんま祭りは、さんまの無料配布が10時からですか、11時過ぎには配布が終わってしまいます。

先頭の人は明け方4時から並んでいるぐらいなので、確実にさんまをゲットするには6時ごろには並んだ方が良いでしょう。

2~5時間並び続けるというのは当たり前ですので、長時間並ぶことは覚悟して臨んだ方が良いです。

一方、目黒区で行われるさんま祭りは品川区のさんま祭りとは違い、整理券が配布されます。配布されるのはリストバンドとさんまの引換券です。

このリストバンドによってさんまを配布する時間帯を区切っているので、その時間になるまでは列に並ぶことなく自由に過ごすことができますよ。

しかし、注意したいのが整理券を取りに行く時間です。

当日配布されるさんまは数に限りがあるので、整理券もすぐに無くなってしまいます。

7時から8時頃までに整理券を受け取っておくと安心ですよ。

どちらのお祭りでも言えることですが、9月といえばまだ残暑厳しい頃です。周りにある自動販売機も次々売り切れになりますので、水分を持参したり塩飴を舐めるなどして、熱中症対策を万全にして臨んでくださいね。

目黒のさんま祭りは雨天の場合は?

外で開催されるので雨天時は中止になるかと思いきや、二つのお祭り共に「雨天決行」です。

ただし、荒天時は前日にその開催が判断されるので、心配なときはネットを見て確認しましょう。

雨天の場合人出も少し減るかと思いきや、実は集まる人数にそれほど差はありません。雨の中3時間以上並ぶのも当たり前です。

小さいお子さんは待っているだけでも大変でしょうが、雨に降られないようにせめてレインコートを羽織るようにしましょう。

また、長時間の行列ですから、トイレの場所をあらかじめ確認して、注意しながら並ぶようにしてください。

また品川区のさんま祭りでは、新鮮な生さんまも無料でもらうことができます。

雨だと、ウロウロするのも大変なので、生さんまをもらったら家で早速焼いて食べるのがおすすめですよ。

自宅で本場宮古産のさんまが食べられるなんてとても贅沢で嬉しいですよね。

あとがき

身がふっくらしていて脂ののったさんまは、ご飯とも相性抜群です。

普段は自宅で食べるさんまですが、秋空の下、お祭り気分を味わいながら、ちょっと特別なさんまを食べるというのもなんだか粋ですよね。

今年の秋は、2カ所で行われる目黒のさんま祭りにぜひ参加してみてください!

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京タワーさんま祭り2018完全攻略!確実にさんまをゲットする!?

東京タワーでは2009年から毎年行われている秋のイベント【三陸・大船渡東京タワーさんま祭り】があります。 秋分の日に開催され、秋の味覚を堪能できます! 岩手県の大船渡港から水揚げされたさんまを、大船渡 …

関西最大級!!みなとこうべ海上花火大会の場所取りのコツとは!?

みなとこうべ海上花火大会と言えば、兵庫県神戸市の神戸港の海上で、毎年8月の第1または第2土曜日に開催される、神戸の夜空を彩る夏の風物詩。 スポンサードリンク 大切な人と一緒に見て、いい思い出にしたいで …

川越祭り2018の見どころはココ!穴場の駐車場と屋台情報も紹介!!

「川越祭り」は神奈川県川越市が主催する、秋のお祭りです。 スポンサードリンク 江戸時代の「天下祭」を現代に再現した山車行事としてもよく知られています。 一台ではなく、何台もの山車が辻で向かい合い、提灯 …

岩屋堂公園2018のライトアップを見に行くベストな時間とは!?

秋になると赤や黄色に色づく紅葉は、風情がありますよね。 スポンサードリンク なかでも紅葉スポットとなる場所は、その美しさに魅了されます。 また、夜にライトアップされた紅葉は昼間の鮮やかさとは違って、幻 …

勝尾寺の紅葉2018のライトアップが幻想的!混雑回避して楽しむには?

大阪で紅葉といえば「箕面」。 スポンサードリンク 「箕面の滝」も名所として有名ですが、カップルで行くなら、勝運ダルマで有名な「勝尾寺」がオススメ! 西国三十三札所の中でも、割と現代的に整備された境内で …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。