さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

家事・育児

衣替えの最重要ポイント!洗濯したはずの夏物にもダニが発生する!?

投稿日:2018年6月16日 更新日:


四季豊かな日本の風物詩、「衣替え」。

 

「いよいよ夏が来るぞ~!」

「そろそろ寒くなってきたな~」

そうして季節の移り変わりを感じながら、

日本人らしい情緒が育まれた大事な季節行事。

 

と言ったら聞こえはいいですが、

現実問題、

家族みんなの衣服を

一手に面倒みる主婦にとっては、

結構な大仕事ですよね。

 

ましてや衣替えで

久々にご対面のお洋服たちに、

虫喰いや黄ばみが発生しているのを

目の当たりにした日には、

がっくり来てしまいます。

 

そんな無駄なストレスを避けるために、

「衣替え」のポイントを押さえておきましょう。

 

スポンサードリンク

 衣替えのワンポイント☆洗濯時のひと工夫でダニ予防!

「衣替え」で気になるのが、

やはり「ダニ」。

 

どこからともなく湧いてくる彼らは、

人類とは長いおつきあいなだけに、

 

各ご家庭では、

日々攻防戦が繰り広げられていることでしょう。

 

とはいえ、彼らは「生き物」です。

 

発生する理由は一つ。

「そこにエサがあるから」。

 

日常生活でのダニ対策は

別の機会にゆずるとして、

衣替え時に有効な

「ダニ対策」を考えてみましょう。

 

まず用意するものは、

長期間衣類保管用の

専用のプラスチックケースです。

 

ダンボールや

滅多に使わない大型旅行カバンを

利用する方も多いですが、

 

小さい生き物出入り自由の環境では、

むしろしばらく誰も近づかない、

暗くて静かな、

子育てに最適な巣を

提供しているようなもの。

 

布団圧縮袋と同じく、

嵩を減らす目的だけではなく、

空気の出入りを極力減らすことで、

微生物の繁殖を防ぐことは必須項目です。

 

そして重要なのは

衣服をしまう時の「しまい洗い」

 

洗濯した後

一回も着ていないからといって、

そのまま収納してしまうと何がまずいか。

 

後述するシミや黄ばみの原因にもなる

その要因とは?

 

それは一度の洗濯だけでは残ってしまう、

見えないシミや汗などの皮脂汚れ。

 

これは絶好のダニたちのエサです。

 

ケースにしまう前に、

もう一度お洗濯を。

 

クリーニングのプロいわく、

すすぎ1回でOKの液体洗剤よりも、

「しまい洗い」には粉洗剤がオススメとか。

 

すすぎに時間が必要な分、

しっかり汚れを落としてくれるのだそうです。

 

そして十分に乾かしてから収納しましょう。

スポンサードリンク

 

湿り気が残っていると、

これはカビの温床になってしまいます。

 

また新たな生態系を生み出すことは

避けましょうね。

 

それでも心配な人、

特に冬物やダニのベッドに

快適そうな布団などは、

 

素材にもよりますが、

コインランドリーの乾燥機が最強のようです。

 

天日干しぐらいでは

なかなか壊滅できない彼らですが、

 

70℃~100℃近い

コインランドリーの乾燥機なら、

かなりの割合でダニを除去できます。

 

ただし素材次第では

服そのものを傷めてしまうので、

表示は必ず確認した上で。

 

今では家庭用の洗濯機でも

乾燥機付きのものが

多数普及していますが、

まだまだそれでは温度不足。

 

60℃がせいぜいなので、

ダニを除去するには少々心許ない温度です。

 

そういったことを考えると、

ベストはやはり餅は餅屋。

 

ドライクリーニングに出すのが一番。

 

おしゃれ着や

お気に入りの衣服は特に、

「後悔先に立たず」といった状況は

避けたいものです。

 

また、収納の際は防虫剤もお忘れなく。

 

匂いや強い成分が気になる方は、

最近は植物由来の

防虫剤も色々出ているので、

探してみてください。

 

衣替えのワンポイント☆洋服の黄ばみを発生させない洗濯法

さて、もう一つの悩みの種といえば、

やはりシミや黄ばみでしょう。

 

前述の通り、

一度の洗濯では

落としきれていない汚れがあるのは、

なんとなく想像がつきます。

 

しょっちゅう着回している時期は

まだ良いのですが、

これが長期保管となると話しが違います。

 

一見きれいに見えても、

残った皮脂汚れは、

時間の経過とともに酸化して

黄ばみとして残ります。

 

「しまい洗い」

重要なポイントですね。

 

袖や襟元など、

皮脂汚れが残っていそうな部分、

 

またはすでに黄ばみ、

黒ずみが気になる部分は、

しまう前にしっかり落としておきましょう。

 

やり方は簡単。

ご家庭にある

「クレンジングオイル」を

気になるシミの部分に

揉み込みます。

 

40℃ぐらい(お風呂のお湯ぐらい)のお湯に

20分ほど浸けておきます。

 

あとは軽くすすいでから

洗濯機へポイ。

これで、シーズン明けに

ショックを受けることも、

かなりの確率でなくなることでしょう。

 

まとめ

近頃は、

化学繊維の安価な衣服が出回り、

服ももはや消耗品。

 

以前ほど手間をかけずとも、

虫も食わない素材が増えつつあります。

 

あまり衣替えに神経を使う機会も

減りつつあるかもしれません。

 

それでも、

完全にはなくならないこの季節行事。

 

数少ないからこそ、

大切に丁寧に「物を扱う」心を

忘れないように暮らしていきたいものです。

スポンサードリンク

-家事・育児
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

忙しい主婦は必見!!仕事と家事で大変でもストレスなく過ごす方法!

  『仕事と家事の両立』なんて、 誰が言い出したんだろう。 女性が社会に出て働くのが当たり前の世の中で、 “家事は女性がやるもの”という偏見が いつまでもなくならないのは、 本当に不思議なこ …

赤ちゃんがつかまり立ちを始めた時の転倒防止策は一体どうする!?

「子供の成長は早いもの」と言いますが、そのスピードといったら目を見張るばかり。 スポンサードリンク 産まれた時はあんなにちっちゃくて、ふにゃふにゃで、壊れそうでドキドキしたのに。。。 いつのまにか寝返 …

暖房はいつから入れる!?赤ちゃんがいる部屋の4つの注意点とは!

だんだん寒くなってくると使うことが多くなる暖房器具。   赤ちゃんがいるご家庭では、 スポンサードリンク 部屋の温度に注意が必用になってきます。 赤ちゃんは「暑い」「寒い」と自分で伝えること …

子供が使わなくなったおもちゃを捨てるベストなタイミングとは!?

スポンサードリンク デパートや家電量販店に行くと対象年齢別に、 たくさんの子供のおもちゃが売ってあります。   子供にいろいろなおもちゃを買ってあげられて嬉しい反面、 買いすぎて処分に困る親 …

5カ月の赤ちゃんに冬服は何枚必要?おすすめの服装と着せ方のコツ!

  この間生まれたと思っていた赤ちゃんも、 気が付けばもう5カ月。   寝てばかりいたころとは違い、体つきもしっかりしてきて首が据わり、 早い子ではゴロンと寝がえりをしているという …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。