さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

生活

七五三をかわいく!!桃割れと日本髪の違いをわかりやすく解説します

投稿日:


女の子の七五三って可愛いですよね。

ちいさな身体に、たっぷりの着物ときれいにセットアップされた髪のギャップがたまりません。

今回は、女の子の七五三ヘアーの代表である、「桃割れと日本髪」の結い方をご紹介したいと思います。

3歳はそのまんまショートボブにしている子が多いと思いますが、7歳になると、きっと、髪を長く伸ばしている子も多いでしょう。

ご自宅にあるもので簡単にできますので、ぜひ、すてきにアレンジしてあげてくださいね。

スポンサードリンク
  

日本髪と桃割れの使う道具の違いと結い方の違い

まず、「日本髪」の結い方はこちらです。

(1)
最初にホットカーラーで巻いて下準備をします。このときたくさん巻くほど、仕上げの際の完成度が高くなります。

終わったら、後ろの髪を上下・サイドにブロッキングし、上下それぞれをポニーテールに結びます。上のポニーテールは、逆毛にしてボリュームを出しておきます。

(2)
次に、両サイドの髪の根本につけ髪をピンで留めたら、下のポニーテールと一緒にして、1本の太いポニーテールにします。

そうして、それをさらに上下に分け(ゴムは外してもそのままでも大丈夫です)、最初に分けておいた前髪側のポニーテールの結び目に巻き付けるようにして、おだんごをつくっていきます。

前髪を上げるときは、この時にピンで2箇所ほど留めて後ろに流しておきます。

後ろの残った髪も同じ要領で、上よりも少し小さいおだんごになるように、真ん中に向かって巻いて行きます。

(3)
最後に、かんざしやアクセサリーをつけて完成です。

スポンサードリンク

次に、「桃割れ」の結い方です。

(1)
まず、トップの毛束を取り、ヘアピンでまとめます。ここで「ちんころ」という、前髪用の髪飾りをつけます。

(2)
サイドの髪を残して、後ろをポニーテールにします。?両サイドの髪に、つけ髪をピンで留め、ポニーテールと合わせます。

(3)
ポニーテールを上下二つに分けて、つけ毛を間に巻き込むように入れておだんごにします。後ろには「かのこ」という髪飾りを付けます。

仕上がりの髪の形が、桃の花の開き初めに似ていることから、桃割れと名づけられました。

メイクは、着物やアクセサリーの色に合わせて、主体となる色を決めましょう。特にリップは大事です。リップの色選びによって、お顔の印象がまったくちがってきます。

他に何もつけない場合でも、リップだけはつけてあげましょう。

日本髪で行く?桃割れで行く?かわいい七五三ヘアー

桃割れのほうが、結った時に耳の上あたりのボリュームが出やすく、「ちんころ」や「かのこ」といった専用の飾りも豪華なため、日本髪よりもぱっと見の印象が華やかになります。

また、前髪を上げるか下ろすかでもずいぶん印象が変わります。下ろすと子どもらしくかわいい感じに、上げると大人っぽい印象になります。

下ろすときは、前髪を厚めに整えるのがおすすめです。

最近はシースルーの前髪も流行っていますが、和装の際には、やはり、すかないで厚めにパツッと切っただけの前髪の方がきれいです。

他に、前髪のサイドの髪をわざとすこし長めに垂らすと、今っぽく、おしゃれな感じになります。垂らした部分はコテで巻いてワックスで動きをつけましょう。

桃割れも、日本髪も、それぞれの良さがあります。

着物はきちんと決められた着方がありますが、髪は、基本的な形さえ崩さなければ、前髪を作ったり、ボリュームアップしたり、サイドを垂らしたり、、等々、アレンジの幅があります。

かんざしも、和のものを取り扱っている雑貨屋さんはもちろん、普通のアクセサリーショップでも可愛いものがたくさん売っています。

あとがき

ぜひお子さんと相談されて、楽しんですてきな髪をつくってみてくださいね。

ご参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【お盆の田舎と都会のギャップ】真夏の成人式の理由とは!?

DCIM100MEDIADJI_0026.JPG 『お盆』は夏の定番行事の一つです。 スポンサードリンク 年に一度、家に帰ってくるご先祖様をみんなでお迎えします。 8月15日あたりにおこなう地域が多い …

【圧倒的効果】お出かけ時に子供の車酔いが酷い場合の対処法とは!?

これから夏を迎えると、遠くへお出掛けする機会も増えて、一年でも特に楽しみな時期ですよね。 スポンサードリンク 今から旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。 ただ、そんな時に心配なのが子供の車 …

【知らないと損する】パンを冷凍してカビを防ぐ正しい方法とは!?

お気に入りのパンや、少し高価なパンがいつもより安く売っていると「この機会に買わないと!」と、つい買いすぎてしまうこと・・・ありますよね。 スポンサードリンク とても賞味期限までには、食べきれない量のパ …

読むだけで梅雨の時期の花粉症の原因や対策方法がよくわかるまとめ!

花粉症といえば、冬が終わるころから春先のイメージが強いですよね。 スポンサードリンク この時期に飛散する花粉としては、スギやヒノキなどが有名です。 でも、春が過ぎて梅雨時期になってもくしゃみや鼻水が止 …

お母さん必見!!子供の運動会の場所取りの方法を教えます!

小学校の運動会といえば、場所取りに頭を悩ますお母さんも多いと思います。 忙しい当日の朝ですが、お子さんの頑張る姿を間近で見るためにも絶対にいい場所を確保したいところですね。 スポンサードリンク でも初 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。