さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

美容・健康

ダイエット中にドカ食いしてしまった時のリセット方法とは!?

投稿日:


ダイエットしたいと思っても、なかなか実行に移せなかったり、ダイエット中にリバウンドしてしまって「自分は意志が弱いのかな…」なんて自己嫌悪に陥ることって多いですよね。

しかし、「こうなりなりたい」って目標があるからこそダイエットを決意したはず!

ドカ食いの傾向と対策をしっかり練って、ダイエットに挑みましょう!

スポンサードリンク
  

ダイエット中にドカ食いして後悔する前に

では、なぜダイエット中にドカ食いをしてしまうのでしょうか?

主な原因は3つあります。

「ストレス」「不規則な食事時間や食事内容によって起こる血糖値の乱れ」「急激なダイエットによるレプチンの分泌量の減少」です。

「やけ食い」という言葉があるように、ストレスとドカ食いが関係している事は一番イメージしやすいのではないでしょうか。

人間はストレスがかかると何らかの方法でそのストレスから逃れようとします。その発散方法は人それぞれですが、「食べる」こともその一つです。

食べ物を食べることで「セラトニン」という幸福ホルモンが分泌されることでストレスが緩和されます。

ただ、ここで問題なのが、極度のストレスがかかってしまっている場合は脳の満腹中枢がちゃんと機能しなくなり、食欲を抑えられなくなるということです。

ですので、一度食べだすと止まらなくなり、ドカ食いに繋がってしまうのです。

そもそも、ダイエットをするという行為自体がストレスになっている場合があり、ついついドカ食いをしてしまうという時は知らず知らずの間にストレスが溜まっているのかもしれませんね。

そして、私達が空腹を感じている時、体内の血液中のブドウ糖の量(血糖値)が大きく変化しています。血糖値が下がるとお腹が空き、逆に血糖値が上がるとお腹がいっぱいになります。

この血糖値は急激に上がりすぎると急激に下がるという性質があります。その血糖値の乱高下がドカ食いを招いてしまうのです。

特に、長時間空腹状態が続いた後の食事や、甘いものなどの糖質を多く含むものを食べた後に、血糖値の乱高下が起こりやすいのです。

ダイエットをしていない場合でも、食事の内容や時間が不規則になると、血糖値の乱高下を起こしやすくなります。

スポンサードリンク

絶食をしたり、無理なダイエットをすると、そのリスクが更に高くなるので要注意です。

私達の身体は食事をすると満腹感を感じるように出来ています。その満腹感を感じる要素の一つが脂肪細胞から分泌される「レプチン」と呼ばれる物質です。このレプチンが脳の満腹中枢を刺激して食欲を抑える働きをします。

ただ、ダイエットによって極端な食事制限や急激な体重減少が起こることで分泌量が減ってしまうという性質を持っていますので、レプチンが減少してしまうといつまでもお腹がいっぱいにならず、際限なく食べてしまうのです。

レプチンは私達の身体に満腹感を感じさせてくれる大切なホルモンですが、コントロールするのは難しいと言われています。

ダイエット中のドカ食いの翌日の対策は?

良くないと分かりながらついついドカ食いしてしまった!

でも、大丈夫!ドカ食いした後の体重増加は、実は太ってる訳ではありません。

たった1日のドカ食いでは脂肪は増えたりしないのです。体重が増加した分は主に水分です。

なので、ドカ食いをした翌日はむくみを解消する食材を食べて胃腸を労りましょう。ただ、油断をしてドカ食いを繰り返してしまうと太ります。

ダイエット中は身体がカロリーを吸収しやすい状況なので、高カロリーな食事を続ければ余ったカロリーは脂肪へと変わってしっかり実になります。

ドカ食いしてしまっても翌日からいつもの食事管理に戻せばOKです!

ドカ食いをやめるには、ストレスの発散を工夫することです。「食べて発散する」こと以外に、セラトニンを分泌するような行動を意識してみましょう。

好きなことや楽しいことなどで上手にストレス発散を心掛けましょう!

そして、食事を食べる際に、食物繊維を含む食材を先に食べるように意識することで、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防げます。

また、食事と食事の間隔を空けすぎないように、上手に間食を取り入れてみましょう。ただ、糖質の多く含まれているお菓子は血糖値が上がりすぎてしまうので注意しましょう。

仕事中など間食が難しい時は、お茶やコーヒーなどがオススメです。熱い物を少しずつ飲むことで「たくさん飲んでいる」と脳が勘違いしてくれます。

まとめ

如何だったでしょうか?

何より重要なことはストレスを溜めないことでしょう。ダイエットは早急な結果を求めないようにしてください!

目標設定を見直して、無理せずゆっくりダイエットに取り組むことでドカ食いを防げます。

しっかり理解をして対策を立てることで、ダイエットを成功させましょう。

スポンサードリンク

-美容・健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今話題の8時間ダイエット!停滞期の乗り越え方はズバリこれ!!

8時間ダイエットは、普通のカロリーを気にするダイエットとは違い、8時間以内ならば好きな物を好きなだけ食べることができます。 スポンサードリンク 簡単なダイエット方法ですが、気をつけなくてはならないこと …

【衝撃の事実】ホットヨガと普通のヨガの圧倒的な違いとは!?

最近、体重が今まで更新したことのないところまできてしまっている!痩せないと本当にやばい! このままなにもしないでいたら、今まで見たことのない数字に達してしまう・・・。 スポンサードリンク そうは思って …

衝撃の真実!!お菓子を食べる頻度とダイエット効果の密接な関係とは

気温が上がってきて、 肌を露出する時期になると気になるのが 体型ですよね。   普段から気にしている方もいると思いますが、 寒い時期は厚着をする事で、 多少の太さも服でカバーしていたという人 …

これは画期的!すぐにでも出来る30代女性の白髪対策とは!

いつものように鏡を見ていると、「あれ?髪の中に白いものが…!?」なんて経験ありませんか? スポンサードリンク これまで美しい髪を維持してきた女性にとって、突然出てきた白髪は衝撃的なものです。しかも30 …

【意外な事実】曇りの日の紫外線が一番肌が焼けるというのは本当!?

これからだんだんと暑くなってきますよね。 スポンサードリンク 暑いだけじゃなく太陽の光を浴びると肌が焼けますよね。 晴れの日の外出は日焼け止めクリームが必需品!なんて人は多いと思います。 あれ?曇って …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。