さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

博多おくんち2018の日程とスケジュール!混雑回避のポイントとは!?

投稿日:2018年6月9日 更新日:


「博多おくんち」とは、

福岡県福岡市博多区にある櫛田神社の秋のお祭りです。

 

1200年前から続く神事で、秋の豊穣に感謝する祭りとして、

地元で古くから親しまれて来ました。

 

博多山笠や博多どんたくと比べると

地味な印象の博多おくんちですが、

 

今回はその魅力をたっぷりご紹介して行きたいと思います。

スポンサードリンク

博多おくんち2018のスケジュールと見どころ

 

博多おくんちの今年の開催スケジュールは以下のとおりです。

会場:櫛田神社
秋季大祭:10月23日 午前11時~
御神幸行列:10月24日 午後2時~

 

本祭りに先立ち、前日の朝10時から、

博多ふ頭の浜宮で「浜宮祭」が行われます。

 

境内では、新鮮な野菜や魚を販売する

「五穀豊穣市」などの催しが行われます。

 

16時からは「神輿清め」が行われます。

 

ここでは神職が祝いの言葉を述べたり、白装束に身を包んだ係の人が、

浜宮の海水で濡らした布で神輿を拭き上げ、洗い清めます。

 

この儀式は人気イベントの一つで、祭りの前日にもかかわらず、

毎年たくさんの見物客が訪れます。

 

18時からは「博多灯明ウォッチング」と称して、

神社境内にきれいな灯明が灯されます。

 

以上が前日までの準備なのですが、

実は準備の時点ですでに見どころがいくつもあることが、

おわかりいただけると思います。

 

さて、いよいよ本祭です。

 

1日目の「秋季大祭」では、15時から神社拝殿で、

伝統芸能である「松前神楽」という舞いが奉納されます。

 

2日目の「御神幸式」

パレードが街を練り歩くことがメインになります。

 

パレードの中心は牛車に曳かれた神輿です。

 

これをブラスバンド、稚児行列、獅子頭などが取り囲み、

行列をなして、博多の街を盛り上げます。

スポンサードリンク

 

おくんちの祭りは、このように始まってしまうと

案外あっさり終わってしまいます。

 

お祭りを十二分に楽しむためにも、

ぜひ前日の浜宮に足を運んでみてください。

 

博多おくんちの混雑回避のコツ

 

同じ伝統行事でも、博多どんたくや山笠と比べると

博多おくんちはパレードの規模が小さく知名度も低いので、

見物客は毎年あまり多くありません。

 

博多に住んでいる人で、どんたくや山笠は知っているけれど、

おくんちは知らないという人も珍しくありません。

 

けれども毎年、会場付近はたいへん混雑します。

 

なぜかというと、会場である櫛田神社の立地が、

キャナルシティや天神といった博多の中心地のすぐそばにあたるためです。

 

東京と違い、博多では、若い人が遊ぶスポットと言ったら、

天神かキャナルシティぐらいしかありませんので、

この付近は、平日の夕方や土日はたいへん混み合います。

 

新宿や渋谷ほどではないにしろ、

歩道を早歩きで移動したら、

かならず人にぶつかってしまうくらい…と言ったら伝わるでしょうか?

 

そういうわけで、博多おくんちは、

パレードの参加者も見物客もそれほど多いわけではありませんが、

立地条件が良すぎるために、

当日の会場付近は混雑し、普通に行くと移動が困難です。

 

混雑を回避するためには、天神、キャナルシティといった中心地を避けて、

迂回ルートで目的地を目指すことをおすすめします。

 

博多の道路はわりと単純なので、どんな細い道に入っても、

最終的には大きな通りで合流するようになっています。

 

労力だけで言えば、

混雑した中心地を突っ切って移動するのと大した差はありません。

 

会場の櫛田神社がある中州は、有名な飲食店街でもありますので、

昼も入れる飲食店がたくさんあります。

 

県外の方や、普段中州に来ることのない福岡の方は、

この機会に中州のグルメを堪能するのも良いかもしれません。

 

お昼時は混み合いますので、

時間を外して行かれてくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ぜひ今年は、博多おくんちを楽しんでくださいね。

 

ご参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

明治神宮の初詣はお守り目当て!種類と金額や効果とは!?

  国内や海外からの観光客にも人気のある明治神宮。 スポンサードリンク   明治神宮といえば他の神宮と比べても、 大きな樹木が多数あることで知られています。   その明治 …

糸島市民祭り花火大会2018の穴場スポットと駐車場事情を地元民が解説

糸島市民まつり花火大会とは福岡県の糸島市の加布里漁港で、 スポンサードリンク 毎年、夏の終わりに行われる花火イベントです。   2018年は、9月29日(土)の開催になります。   …

成人式に出ないのはおかしいことではない!?行かない人の割合や理由!

  成人式を迎える新成人の皆さん 成人おめでとうございます! スポンサードリンク   成人式といえば男性はスーツですが女性は振袖ですよね。 振袖は成人した女性の特権だと思います。 …

福岡タワーのクリスマスはイルミを堪能しながらディナーがベスト!?

  スポンサードリンク みなさん、クリスマスの予定は決まっていますか?   クリスマスは特別な日。   大切な人と過ごすなら、 夜景とイルミネーションとおいしいディナーが …

岸和田だんじり祭りは地元民にとっては迷惑というのは本当だった!?

大阪の岸和田市で毎年秋に行われている「岸和田のだんじり祭り」   テレビでもよく放送されているので ご存知の方も多いと思います。   このお祭りは岸和田の地元の人たちにとって、 ス …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。