さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

博多おくんち2018の日程とスケジュール!混雑回避のポイントとは!?

投稿日:2018年6月9日 更新日:


「博多おくんち」とは、

福岡県福岡市博多区にある櫛田神社の秋のお祭りです。

 

1200年前から続く神事で、秋の豊穣に感謝する祭りとして、

地元で古くから親しまれて来ました。

 

博多山笠や博多どんたくと比べると

地味な印象の博多おくんちですが、

 

今回はその魅力をたっぷりご紹介して行きたいと思います。

スポンサードリンク

博多おくんち2018のスケジュールと見どころ

 

博多おくんちの今年の開催スケジュールは以下のとおりです。

会場:櫛田神社
秋季大祭:10月23日 午前11時~
御神幸行列:10月24日 午後2時~

 

本祭りに先立ち、前日の朝10時から、

博多ふ頭の浜宮で「浜宮祭」が行われます。

 

境内では、新鮮な野菜や魚を販売する

「五穀豊穣市」などの催しが行われます。

 

16時からは「神輿清め」が行われます。

 

ここでは神職が祝いの言葉を述べたり、白装束に身を包んだ係の人が、

浜宮の海水で濡らした布で神輿を拭き上げ、洗い清めます。

 

この儀式は人気イベントの一つで、祭りの前日にもかかわらず、

毎年たくさんの見物客が訪れます。

 

18時からは「博多灯明ウォッチング」と称して、

神社境内にきれいな灯明が灯されます。

 

以上が前日までの準備なのですが、

実は準備の時点ですでに見どころがいくつもあることが、

おわかりいただけると思います。

 

さて、いよいよ本祭です。

 

1日目の「秋季大祭」では、15時から神社拝殿で、

伝統芸能である「松前神楽」という舞いが奉納されます。

 

2日目の「御神幸式」

パレードが街を練り歩くことがメインになります。

 

パレードの中心は牛車に曳かれた神輿です。

 

これをブラスバンド、稚児行列、獅子頭などが取り囲み、

行列をなして、博多の街を盛り上げます。

スポンサードリンク

 

おくんちの祭りは、このように始まってしまうと

案外あっさり終わってしまいます。

 

お祭りを十二分に楽しむためにも、

ぜひ前日の浜宮に足を運んでみてください。

 

博多おくんちの混雑回避のコツ

 

同じ伝統行事でも、博多どんたくや山笠と比べると

博多おくんちはパレードの規模が小さく知名度も低いので、

見物客は毎年あまり多くありません。

 

博多に住んでいる人で、どんたくや山笠は知っているけれど、

おくんちは知らないという人も珍しくありません。

 

けれども毎年、会場付近はたいへん混雑します。

 

なぜかというと、会場である櫛田神社の立地が、

キャナルシティや天神といった博多の中心地のすぐそばにあたるためです。

 

東京と違い、博多では、若い人が遊ぶスポットと言ったら、

天神かキャナルシティぐらいしかありませんので、

この付近は、平日の夕方や土日はたいへん混み合います。

 

新宿や渋谷ほどではないにしろ、

歩道を早歩きで移動したら、

かならず人にぶつかってしまうくらい…と言ったら伝わるでしょうか?

 

そういうわけで、博多おくんちは、

パレードの参加者も見物客もそれほど多いわけではありませんが、

立地条件が良すぎるために、

当日の会場付近は混雑し、普通に行くと移動が困難です。

 

混雑を回避するためには、天神、キャナルシティといった中心地を避けて、

迂回ルートで目的地を目指すことをおすすめします。

 

博多の道路はわりと単純なので、どんな細い道に入っても、

最終的には大きな通りで合流するようになっています。

 

労力だけで言えば、

混雑した中心地を突っ切って移動するのと大した差はありません。

 

会場の櫛田神社がある中州は、有名な飲食店街でもありますので、

昼も入れる飲食店がたくさんあります。

 

県外の方や、普段中州に来ることのない福岡の方は、

この機会に中州のグルメを堪能するのも良いかもしれません。

 

お昼時は混み合いますので、

時間を外して行かれてくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ぜひ今年は、博多おくんちを楽しんでくださいね。

 

ご参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

とけサマーフェスティバル2019の日程と駐車場!花火や見どころも紹介!

  千葉県千葉市緑区あすみが丘の創造の森で毎年、8月の下旬に、 「とけサマーフェスティバル」という地域のお祭りが開かれています。   創造の森はマラソン大会なども開かれる大きな公園 …

熱海花火大会2019で食べなきゃ損する屋台飯と地元の穴場情報!!

熱海花火大会は、台風の災害から街の復興を記念し スポンサードリンク 花火を打ち始めたのが始まりになります。   伝統は受け継がれ 一年を通して開催されるようになりました。   今回 …

横浜の緑区民祭り2019の日程と見どころ!おすすめの楽しみ方は?

  スポンサードリンク 横浜の各区では秋にたくさんの区民まつりが開催され、 どこも家族連れで大賑わい!   今回は、筆者の地元の横浜の緑区民まつりをご紹介します。   見 …

博多駅イルミネーション2018は冬のデートに最適な理由を地元民が語る

福岡の冬のイルミネーションで最近話題となっているのが、 スポンサードリンク 博多駅イルミネーションですよね。   博多駅のイルミネーションは、 博多駅が改築された2011年頃から始まった 人 …

成田山不動尊初詣の混雑回避の時間!屋台や駐車場の地元民情報!

大阪は寝屋川市香里園に成田山不動尊があります。   最近では歌舞伎、成田屋の海老蔵さんが、 テレビなどでも大活躍されていますが、   「成田屋」という屋号の由来となった千葉県成田市 …