さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

ペット

猫と車で移動するときの注意点!長距離の外出での準備の必需品とは?

投稿日:

 

最近車移動するときに

ペットを連れてドライブや帰省する人が多いですよね。

 

走っている車によく犬が窓から顔を出していて

可愛いなと思っちゃいます。

 

犬は車好きな子が多いですが猫は車移動がとっても苦手です。

 

確かに、猫が車に乗っているのを

あまり見かけたことはないですね。

 

乗せたとしても車の中でずっと鳴いていたり

車内でソワソワしたりと、落ち着きがなくなってしまいます。

 

でも、どうしても猫と車でドライブしたりしたい、

やむを得ず猫を連れて移動しなければならないという場合がありますよね。

 

そこで、猫と車で移動するときの注意点など

ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

猫の車での長時間移動の際のトイレはどうする?

 

猫を連れて車移動をする場合はトイレは必ず持って行きましょう。

 

緊張や不安でトイレをなかなかしてくれない子もいますがトイレは必須です。

車の座席下に置けるサイズの物を持って行ってください。

 

猫砂は普段使っているトイレから

猫のにおいが付いたものを持って行きましょう。

トイレシートでも構いません。

 

車が動いている間はトイレをしてくれないかもしれませんが

パーキングエリアなどで車を停めた場合にするかもしれません。

 

その際、人間も休憩するのでドアの開け閉めをする場合、

猫が逃げないようにしてくださいね。

 

猫の車での長距離移動のストレスを軽減させるには!?

 

猫の車での長距離移動でストレスを感じさせない為には

一緒に持って行くものと事前準備があります。

 

《持って行くもの》

・リード

・ハーネス

・キャリーバッグ

・ご飯とお水

・猫用トイレ

・酔い止め薬(必要であれば)

・ケージや箱(猫が狭くて暗いところが落ち着くから)

 

《事前準備》

スポンサードリンク

・シート下などの隙間にタオルを詰めておく(潜り込み防止)

・シートにカバーをかぶせておく(抜け毛や爪とぎ防止)

リードとハーネスですが、

いきなりつけると嫌がる猫もいます。

日常的にリードとハーネスを付ける練習をしておくと良いです。

 

《行動編》

・休憩する場所や時間を決めておく

・車の中でエアコンをつけておく

・渋滞するルートは避ける(最短ルートを心がける)

・窓ガラスにシェードを付けておく

・ゲージやキャリーバッグは後部座席に置いておく

 

さらに、車で移動する前にも事前にお試しでドライブなど、

徐々に慣れさせていくのもありです。

 

基本的に猫は車に乗ることが好きではないので、

いきなり乗せるとなるとかなりのストレスになります。

 

まずは近場のドライブに猫を連れていき、

どんな様子かどうか見極めましょう。

 

また、なかなか落ち着かない猫には

フェリウェイのスプレーを使ってあげるのも良いです。

 

このスプレーは猫のフェイシャルフェロモンF3が含まれていて、

猫の気持ちを落ち着かせる作用があります。

 

ゲージやキャリーバッグにスプレーしてみてくださいね。

 

ちなみに、室内でも使えるので猫がストレスを抱えている時、

尿マーキング時、猫の爪とぎ防止時に使うのもありです。

 

それでも車移動が厳しい猫の場合は?

 

飼い主が試行錯誤して、猫にストレスなく車に乗ってもらおうとしても

どうしても車が無理な猫もいます。

 

その場合は、

・お留守番してもらう(2泊3日が限界)

・ペットシッターや親しい友人にお世話を頼む

・ペットホテルに泊まらせる

この3択になります。

 

ちなみに、ペットシッターやペットホテルの相場はこちらです。

・ペットシッターの相場

→1時間/3,000円+交通費

※1匹増えるごとに追加料金あり。

 

・ペットホテルの相場

→1泊3,000円前後

大部屋などになると10,000円になる場合も。

 

また、お留守番してもらう時にも注意があります。

・トイレは1匹あたり3個は設置しておく

・ごはんは数か所置いておく

※ドライフードを置いておく

・お水も数か所置いておく

・エアコンをつけたままにしておく

・部屋のドアは開けておく

 

以上のことに気を付けましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

まだ猫を車に乗せて移動したことない方は

この機会に乗せてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-ペット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チワワの夏のお留守番に絶対に注意しなければいけないポイントとは!

夏のチワワのお留守番に 絶対に注意しなければいけないことがあります。   それは『部屋の温度』です。   今回はそれを踏まえて注意するポイントを 紹介していきたいと思います。 スポ …

子犬の服はいつから着せても大丈夫!?たった2つの注意点は必ず守れ!

子犬のうちはどんな子でも、 スポンサードリンク 体温調節が自力では上手くできません。   寒暖差の激しい時期は、 ぜひ服を着せて体温調節をサポートしてあげてください。   子犬のう …

犬の食ふんをやめさせる方法は原因から考える方が簡単!?

愛犬の食ふんに悩まさせている方、 スポンサードリンク 結構いると思います。   犬はふんが汚いものとは認識していないので、 私たちからすると『え!?!!』とかなりの衝撃をうけますよね! &n …

4カ月のチワワの冬の寒さ対策!!留守番時の注意点とおすすめグッズ!

  スポンサードリンク チワワのような小型の室内犬は身体が冷えやすく、 寒さに弱いため真冬は暖房が必須となります。   それが一才未満の子ならなおさらです。   かわいい …

犬が人の足をなめる理由は臭いからではない!?やめさせる必要はある?

  犬は、いろいろなものをなめる習性があります。   とても鼻が良いので、 スポンサードリンク 危険なもの身体に害のあるものはなめませんが、   ふと見ると、飼い主さんや …