さくらのお部屋

日頃の生活のちょっとした疑問を解決します

イベント

茂原七夕祭り2019の日程とよさこいの時間!駐車場や屋台情報も紹介!

投稿日:2018年4月20日 更新日:

 


茂原七夕祭りと言えば、

80万人以上が訪れる千葉県茂原市で行われる伝統的なお祭りで、

毎年7月に開催されています。

 

神奈川県の湘南ひらつか七夕まつり、

埼玉県の狭山市入間川七夕まつりとならび

「関東三大七夕祭り」と呼ばれています。

 

年々減ってきている出店もメイン通りにずらっと並び、

地元の商店街から参加されてる出店もありその土地を深く感じられます。

 

また、茂原七夕祭りの見どころは、

たくさんの七夕飾り、もばら阿波踊り、YOSAKOI鳴子おどりです。

 

お祭り好きなら一度は行ってみたいお祭りですよね。

 

そして、電車ではなく家族と行くから(カップルで行くから)

車で行きたいと思っている人もいると思います。

 

そこで、茂原七夕祭りの日程と時間、

駐車場や屋台情報などをこちらでご紹介していきます。

スポンサードリンク

茂原七夕祭り2019の日程と時間

 

茂原七夕祭りは、

例年7月下旬の3日間に開催されています。

 

2019年は、

7月26日(金)・27日(土)・28日(日)です。

 

開催時間

10時から20時です。

(3日間のうち土曜日は21時まで開催されます)

 

開催場所

JR茂原駅周辺商店街~市役所

 

アクセス

電車:JR茂原駅すぐ

車:圏央道・茂原北IC/茂原長南ICより茂原市役所方面 20分

 

茂原七夕祭りの見どころ

 

お祭りのメインは、なんといっても七夕飾りです。

ちなみに花火大会はありません。

 

お祭りに合わせ街コンが主催された年があったり、

多種多様な催しを楽しめます。

 

着付けボランティアによる

ゆかた着くずれお助けステーションという嬉しいサービスがあり、

とてもありがたいです。

 

天の川をもした川沿いにはろうそくをずらっと配置し、

星空にある天の川の様に、ろうそくの火がゆらゆらときらめいて、

フォトスポットとして人気になっています。

 

川沿いは人通りも少なくお祭りの喧騒から離れ、

ゆっくりと雰囲気だけ楽しめます。

 

花火大会はないとはいえ、

華やかな七夕飾りが会場を鮮やかに彩りますので、

写真を撮らずにはいられませんよね。

 

インスタ映え間違いなしです♪

 

また、始めにもご紹介しましたが、

茂原七夕祭り、YOSAKOI鳴子おどりもあるため、

とても活気のあるお祭りです。

 

茂原七夕祭りのよさこいの時間は?

茂原七夕祭りの見どころは、もばら阿波踊りとYOSAKOI鳴子おどりですが、

特にYOSAKOIは毎年圧巻のパフォーマンスで観客を圧倒させています。

 

毎年10チーム前後、約500名で開催されます。

 

YOSAKOIはお祭りの最終日の10時から始まり、

17時に審査とその結果発表があります。

 

YOSAKOIが開催される会場は、

市民会館会場、昌平町商店街通り、茂原商工会議所前です。

 

各会場で演舞と衣装の審査があります。

審査後は総踊りが、19時半ごろまであります。

 

茂原七夕祭りの駐車場は?

 

茂原七夕祭りまで車で行きたいとお考えの方は、

期間中は会場周辺に、無料駐車場が1000台ほど設置されます。

 

しかし、交通規制があるので注意されてください。

 

交通規制が行われるところは、

茂原駅前から駅前通、榎町通り、昌平街通りの周辺です。

 

多くの見物客で混雑して渋滞も発生します。

車で移動するなら早い時間に現地に到着するのがベストです!

 

駐車場は下記となっております。

 

・茂原公園第1・第2駐車場

スポンサードリンク

収容台数は120台くらいで、それほど大きくはないですが、

24時間いつでも入ることが出来ます。

 

・茂原市役所駐車場

利用時間は8時30分からですが、

会場に一番近いのですぐに満車となります。

 

・千葉県長生合同庁舎駐車場

こちらも会場に近いのですぐに満車となります。

 

・藻原寺駐車場

藻原寺の駐車場はちょっと会場から離れますが、

一番大きくて24時間いつでも入れます。

午前中に行けば停められる確率が高いです。

 

1000台というと多くはない数なので、

昼前には満車になります。

 

午前中のうちに駐車されることをおすすめします。

 

できれば電車移動が良いですが、あまり電車移動したくないならば、

茂原駅の隣の駅に車を停めて、

その駅から乗って会場に向かうのもありだと思います。

 

茂原七夕祭りの屋台情報

 

茂原七夕祭りといえば屋台も楽しみの一つですよね!

 

茂原七夕祭りは、

毎年約200店以上の屋台が出されます。

 

屋台は駅前通りをメインに出店されており、

屋台の営業時間は、3日間とも10時~20時くらいまでです。

 

屋台だけでなくキッチンカーのスペースもあり、

キッチンカーグルメフェスティバルとして出店されていますよ♪

 

そして、せっかく屋台で食べ物をいただくなら

ご当地のものを食べたいですよね。

 

ご当地グルメ、ありますよー!

ちょっとご紹介しますね。

 

《もばラーメン》

豚のバラ肉が入っているラーメンです。

もばラーメンの由来は、茂原市から…と思いきや

「盛り盛りバラ肉ラーメン」の略だそうです。

期待を裏切られました(笑)

 

《たまごせんべい》

お好み焼きの土台がせんべいになったような食べ物で、

せんべいの上にソースを塗りたまごを乗せたものです。

名古屋のグルメです。

 

《雷門もんじゃあげ》

もんじゃ焼きを揚げたもので千葉県のB級グルメです。

食べ歩きのできるもんじゃ焼きで、

お祭りにはうれしい食べ物ですね。

 

食べ物の屋台を紹介しましたが、

遊ぶ屋台もたくさんあります。

 

金魚すくい、射的、ヨーヨーすくいなどありますが、

亀すくいという珍しいものもあります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

19年度からは、

大人の冬の七夕祭りが開催されている様です。

 

そちらはホット系のカーキッチンが豊富で、

イルミネーションによる天の川の再現がされている様で

夏とは違った幻想的な雰囲気が楽しめる様です。

 

夏も冬も楽しめる茂原の七夕祭り、

花火などは上がりませんが楽しめます。

 

茂原七夕祭り、ぜひ楽しんでくださいね♪

 

 

スポンサードリンク

-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

職場に義理チョコを渡しても迷惑なだけ!?あげない方が良いって本当?

  バレンタインデーが近づいて来ると、 職場に義理チョコを用意するかどうかってとても悩みますよね。 スポンサードリンク   義理チョコをあげる方も大変ですが、 もらう方もお返しが大 …

三社祭は刺青禁止で怖くない!?子連れで行っても楽しめる秘訣とは!

  東京の初夏のお祭りといえば「三社祭」が有名です。   浅草で行われる三社祭では、 威勢のいい江戸っ子たちが担ぐ大迫力の神輿はもちろんのこと、   それに伴って盛り上が …

和歌山田辺花火大会2018はデートに最適!穴場スポットも必要なし!?

和歌山県の田辺市では スポンサードリンク 毎年10月上旬に弁慶まつりが行われます。   その弁慶まつりのフィナーレとして特大の花火が、 田辺扇ヶ浜海水浴場付近から打ち上げられます。 &nbs …

買物公園まつり 大道芸フェスティバルinあさひかわ2019の地元民情報

旭川駅から常盤公園という公園へ伸びる 「買物公園通り」という歩行者天国で、 スポンサードリンク 色々な大道芸が見られる「買物公園まつり 大道芸フェスティバル」。   食べマルシェにも出店する …

牛越祭2019の日程や時間と駐車場!見どころ満載のえびの市民の体験談!

えびの市の牛越祭は名前の通り、 牛が丸太を飛び越える祭りです。 スポンサードリンク   牛を綱で引っ張る引手がいるのですが、 牛と一緒に引手が丸太を飛び越すたびに大きな声があがります。 &n …